かよぶたoven

素材にこだわり、安心・安全を追求したパンや焼き菓子

かよぶたovenは、ベイク女子・弓場さんがパンや焼き菓子を製造販売しています。
茨木えきまえマルシェパン屋かよぶたoven看板
茨木えきまえマルシェパン屋かよぶたovenパン

みずかもら子育てママだから、安全・安心にこだわって素材を厳選しています。

弓場さんのこだわり素材

国産薄力粉

北海道産の「春よ恋」という品種の小麦粉などを使っています。

種子島産きび砂糖

さとうきびから採る精製しない砂糖はミネラルたっぷり。

北海道産よつ葉バター

酪農王国・北海道の美味しいバターです。

香料やベーキングパウダーは極力使っていません。

クッキーなどのサックリ感を出すのに欠かせないショートニングも、トランス脂肪酸フリーのオーガニックのパームオイルを使っています。

卵などアレルゲンフリーのパンもあります。小麦アレルギーのお子さんには大豆きなこのクッキーなども焼いてます。

肉球のかたちをしたフィナンシェ「にくきゅうふぃなんしぇ」など女子ならではのキュートでポップなお菓子も目が離せません。

10月9日にJR茨木駅東口いばらきスカイパレットで初マルシェ開催します

JR茨木駅前で八百屋さんのように野菜・農産物を販売「茨木えきまえマルシェ」

10月16日にスタートする「茨木えきまえマルシェ」。茨木市民のみなさまに広くご紹介するため、10月9日にJR茨木駅東口「いばらきスカイパレット」で初マルシェを開催します。題して「茨木えきまえマルシェ#0~茨木ショップタウンってどこ?~」。

茨木えきまえマルシェの運営主体である茨木ショップタウン会が、茨木市「場を開く社会実験」のご後援をいただき、茨木ショップタウン会の紹介イベントを行います。その目玉企画の一つとして、「茨木えきまえマルシェ#0」として開催します。

10月16日からマルシェをスタートする忍頂寺の生産者さん、10月24日からスタートする銭原自治会有志のみなさんなどが初マルシェを開催します。

マルシェ出店(出品)者

・忍頂寺の生産者さん
・銭原自治会有志の生産者さん
・本町で自家製ぬか漬けや野菜を販売する「ぬか太郎」さん
・お菓子やパンを製造販売する「かよぶたoven」さん
・清阪の自然の中で養鶏を行う「清阪Terrace」さん
・総持寺で茨木産野菜を使って惣菜を製造する「Re-Cal」さん

JR茨木駅西口茨木ショップタウン「茨木えきまえマルシェ」茨木駅東口いばらきスカイパレットイベント

そのほかにも茨木ショップタウンのお店や安威川ダムカレーの紹介、美と健康に関する体験コーナーも。会場でお召し上がりいただける食べ物・飲み物も用意しています。

みなさんとお会いできることを楽しみにしています。