「いばきたハイウェイウォーク」に出展します

本日、新名神高速道路の開通記念イベント「いばきたハイウェイウォーク」が開催されます。このイベントに「茨木ショップタウン」として出展します。

野菜等の販売は行いませんが、チラシ配布など「いばきたマルシェ」の紹介を行います。また、茨木ショップタウンでも提供している「安威川ダムカレー」もご紹介します。

ぜひお立ち寄りください。

今週のマルシェふりかえり

11月13日(月)
茨木えきまえマルシェ#5は、朝10時から「かよぶたoven」のパンや焼き菓子、午後3時から本町「ぬか太郎」のぬか漬けなどを販売しました。


午後からは「ぬか太郎」にバトンタッチ。

11月14日(火)
茨木えきまえマルシェ#6は「いばきたマルシェfrom銭原『夢ファーム銭原』」として開催しました。

そこそこ強い雨にもかかわらず朝から数人のお客さまにお待ちいただいていました。

明日は「茨木えきまえマルシェ#3~いばきたマルシェfrom忍頂寺Farm河野屋」

明日は10時から「茨木えきまえマルシェ#3~いばきたマルシェfrom忍頂寺Farm河野屋」。

河野さんから野菜のリストが送られてきました。河野さんの野菜は露地栽培なので、冬の野菜に切り替わってきています。

明日配布するレシピを作成しました。実際の野菜を見て一部修正します。
茨木えきまえマルシェ#3~いばきたマルシェfrom忍頂寺Farm河野屋野菜レシピ

茨木えきまえマルシェ#3~いばきたマルシェfrom忍頂寺Farm河野屋野菜レシピ

では明日10時に茨木ショップタウンでお会いしましょう!サヨナラ、サヨナラ、サヨナラ。

茨木えきまえマルシェ#2~いばきたマルシェfrom銭原 本日開催!

本日24日(火)はJR茨木駅西口・茨木ショップタウン1階で開催される「茨木えきまえマルシェ」の第2回目。

本日は「いばきたマルシェfrom銭原」として、茨木市最北端の銭原自治会有志による「夢ファーム銭原」の野菜やお米などを販売します。

標高400mを超える地の利を活かしてつくられる銭原の野菜は、かつて「銭原の高原野菜」として評判を博しました。

「銭原高原野菜」ブランドの再興を期して、銭原の生産者さんたちがやってきます。

「茨木えきまえマルシェ#2~いばきたマルシェfrom銭原」は茨木ショップタウン1階で10:00から。

新鮮で、生産者の顔が見える、そして生産者の愛のこもった野菜やお米をぜひご覧ください。

※「いばきたマルシェ」は茨木市北部地域の各自治会や茨木市役所の北部整備推進課さんの協力で茨木市北部地域の新鮮野菜を販売します。

河野さんの栗坊かぼちゃできんぴら作ってみました

忍頂寺・河野さんの栗坊かぼちゃのきんぴら

先日の「茨木えきまえマルシェ#1~いばきたマルシェfrom忍頂寺」で買った忍頂寺・河野さんの栗坊かぼちゃでカボチャのきんぴらを作ってみました。

作り方はカンタン!栗坊かぼちゃを薄く切って、近所のスーパーで買った北海道産ごぼうを薄くスライスしたものと一緒にフライパンにいれてサラダ油で炒めます。(近所のスーパーでなくても、北海道産でなくてもOKです)

火が通ったら、砂糖・料理酒・醬油で味をつけて、まんべんなく絡めます。最後にごま油で風味を足します。お好みでごまをパラパラとふりかけてもいいでしょう。こんにゃくや人参、レンコンをくわえても美味です。

ちなみにウィキペディアではきんぴらとは野菜を千切りにしたものだそうです。ではこれは何と呼べばいいのでしょうか。

茨木えきまえマルシェ#1~いばきたマルシェfrom忍頂寺、いよいよ明日10時から!

ショップタウンで初めてのマルシェ、いよいよ明日10時から。河野さんから明日の野菜のリストが送られてきました。

ぐっと寒くなったこの時期にうれしい煮物や鍋物に最適な野菜も。

今が旬で次回はもう出てこないかもしれない希少な黒枝豆とか女性にはたまらない芋栗南瓜とか秋の味覚がそろいそうです。

・長ネギ
鍋が恋しくなるこの時期にはうれしいネギです。熱を通すと甘さやトロトロ感も出て絶品。焼きネギは素材の持ち味をそのまま味わえます。野菜のグリルとか、焼き鳥や煮魚の添え物にも。

・小松菜
ベーコンなどと炒めたり、油揚げや厚揚げとともに炊きものにしても。

・水菜
シャキシャキでサラダに最適。もちろん鍋に入れてもGood!

・ナス
焼き物で田楽みそをつけたり、しょうゆ味で煮物にしたり、茹でて胡麻和え、サッと焼いてかつお節をかけたり、いろんな食べ方が。油との相性がいいので揚げ茄子とか炒め物、マーボナスもおすすめ。

・ニンジン
台所に常備しておきたい定番野菜です。これからの時期は鍋物のいろどりにも。

・玉ねぎ
さらしてそのままサラダでも、煮物でも、炒め物でも。香味野菜としても有能です。きつね色になるまで火を通せば甘みたっぷり。

・じゃがいも(メークイン)
煮崩れしにくいのでカレーやシチュー、ポトフ、肉じゃがなど急に寒くなったこの時期の食卓に欠かせません。

・さつまいも
ホクホクのサツマイモ。グリルでじっくり火を通すとねっとりと甘みが出てきます。

・栗
いばきたは丹波や能勢といった栗の名産地と地続きなのです。

・ミニカボチャ(栗坊)
ホクホク感の強いカボチャです。電子レンジで10分ほどチンするだけでも美味です。

・黒枝豆
今が旬の黒枝豆。うまみと香りがギュッと閉じ込められています。ビールがはかどること間違いなし!

数に限りがありますのでお早めにお越しください!

10月9日初マルシェで販売を予定している野菜の一部をご紹介します

「茨木駅前マルシェ」茨木市忍頂寺河野さんのトマト畑

いよいよ来週月曜(10月9日)にせまった「茨木えきまえマルシェ#0~茨木ショップタウンってどこ!?」。

マルシェに出店を予定している忍頂寺の生産者さん「河野さん」が販売を予定している野菜の一部をご紹介します。

ミニトマト(アイコ)
ピーマン
玉ねぎ
じゃがいも(メークイン)
ミニカボチャ(栗坊)
小松菜
つるむらさき
にんにく(ホワイト六角)
四角豆

河野さんはあえてスーパーなどではあまり出回っていない野菜や品種を選んで生産しています。たとえば本州では珍しい四角豆という豆やつるむらさきなどもあります。品種もミニトマトは「アイコ」というラグビーボールのような細長い形をした品種だったり、カボチャは「栗坊」というミニカボチャだったりします。

9日は珍しい野菜の数々をぜひ見に来てください。

銭原へ行ってきました

茨木えきまえマルシェの打合せ(銭原クラブ)

昨日は茨木市役所の北部整備推進課さんと銭原へ「茨木えきまえマルシェ」の打合せに行ってきました。銭原地区は茨木市の最北端。茨木ショップタウンで市役所の車に拾っていただき40分ほどかかりました。

銭原の集会所「銭原クラブ」です。
茨木えきまえマルシェの打合せ(銭原クラブ)
もう夜の7時過ぎということであたりは真っ暗。市街地に比べてかなり涼しく感じました。

銭原の自治会長さんを筆頭に15人ほど集まっていただいていました。

以前にもお邪魔して茨木えきまえマルシェの説明をさせていただいたのですが、銭原の全戸にアンケートをしていただき15人の生産者さんが興味をお持ちいただいたそうです。

今回は詳細な打合せを行い、10月末から銭原の生産者さんにも茨木えきまえマルシェに参加していただけそうです。

昔から、標高が450mほどもある銭原では、そこで栽培される野菜が「銭原の高原野菜」ということでとても評判が良かったそうです。その名前の復活を目指していきたいとのことでした。

銭原の生産者さんの出店詳細が決まりましたら、改めてお知らせしたいと思います。