秋満喫!明日は茨木えきまえマルシェ#113~いばきたマルシェfrom佐保「アグリファーム佐保」

茨木市産黒豆(黒大豆)の枝豆

いよいよ11月。明日の茨木えきまえマルシェは、アグリファーム佐保による「いばきたマルシェ」。明日も珍しい秋の野菜が届きます。


茨木えきまえマルシェ#113~いばきたマルシェfrom佐保・アグリファーム佐保

いばきた(茨木市北部地域)の中では南寄り、彩都もほど近い佐保地区から5人の生産者さんが野菜を出荷します。キヌムスメやヒノヒカリの新米も入荷。秋野菜盛りだくさんで秋を満喫できそうです。

2018年11月2日 アグリファーム佐保の野菜&レシピ

●新米(きぬむすめ)
温暖な西日本でも美味しく栽培できるよう開発された品種です。大阪府の栽培推奨品種です。
白くつややかに炊きあがり、特に粘りが強く柔らかく「コシヒカリ」なみにおいしいと評価されています。
おかずとして炊きたてアツアツでいただくのがおすすめ。

●新米(ヒノヒカリ)
宮﨑で開発された品種。粒は丸みがあり、コシヒカリより小さめですが厚みがあり食べ応えじゅうぶん。
味もコシヒカリに匹敵します。水加減や炊きかたをどのように調整しても美味しく炊ける万能選手です。
硬めに炊けば炒飯にも。水分でベシャっとしにくいので、丼物、カレーにもあいます。
茨木ショップタウン地下のカレー専門店「タシモリカレー」でもヒノヒカリ(他県産)を使用しています。

●枝豆(黒豆)
黒豆(黒大豆)の枝豆。丹波と隣り合せのいばきただけに味も期待できそう。定番の茹で枝豆が美味。
茨木市産黒豆(黒大豆)の枝豆

●すだち
爽やかな酸味と青みがかった香りが、秋の食材の風味を引き立てます。
・大根おろしとともに焼きさんまの付け合わせ。松茸の付け合わせに。焼き松茸、土瓶蒸しにも。
・鶏天ぶっかけうどんに。天ぷらや唐揚げのレモン代わりにも。焼酎の割り材、お菓子作りにも。

●原木しいたけ
ほだ木で自然栽培した椎茸です。おがくずで人工栽培した菌床しいたけとは風味・肉の厚みが違います。
・グリルで焼しいたけ。ひっくり返して醤油を垂らして。すだちとも好相性です。
・すき焼きやうどんすきなど鍋物の具に。天ぷらに。肉詰めやエビのすり身詰めのフライも。

●いちじく
生はもちろん、ジャムに。塩味とも意外にあうので、生ハムやクリームチーズとともにサラダにも。

●柿(富有柿)
岐阜県原産の甘柿。果肉は詰まっていてとろけるような柔らかさ。果汁も多く甘みがあります。

●さつまいも(鳴門金時)
ホクホクで甘みの強いさつまいも。「栗のよう」ともいわれます。
・焼きいも、蒸し芋でおやつに。きんとんやスイートポテトなどスイーツに。
・「天ぷら」や「鉄板焼き」に。甘辛く煮物に。豚汁やけんちん汁の具にもおすすめ。

●里芋
粘りのある小さな芋です。ゆがいてから手で摘まむとツルっと皮が剥けます。火傷にお気を付けください。
・茹でて塩や味噌で。「煮っころがし」「鶏肉そぼろあんかけ」。そぼろあんかけは味噌風味でもGood!
・「筑前煮」「するめいかの煮物」などの煮物、「豚汁」などの汁物
・ジャガイモ代わりに「ポテトサラダ」、「マッシュトポテト」、衣をつけて「コロッケ」

●カボチャ(鶴首かぼちゃ)
細長く、首の部分が鶴の首に似ています。
・とても濃厚な味わいで繊維質が少ないので、ポタージュやカボチャサラダに。
・ピューレ状にして、プリンやケーキ、羊羹などスイーツの材料にも。
・ソテーやグリルに。下の部分をくりぬいてグラタンに。グラタンのソースはカボチャ風味してもGood。

●カボチャ(ロロン) 
ラグビーボールに似た独特な形で、上品な甘さとホクホク感と滑らかな舌触りを兼ね備えた食感が特徴。
・煮物やパンプキンサラダに。クリームチーズを混ぜたり、潰し残して食感を楽しむのもアリ。

●なす(千両なす)
・「マーボーナス」「なすの肉みそ炒め」など。トマトと好相性でトマトソースのパスタや、ラタトゥイユなどにも。

●九条ねぎ
葉の内側にぬめりがあり、軟らかく甘みがあります。
・「京風きつねうどん」。細切りの薄揚げと斜め切りの九条ネギ、おろし生姜たっぷりのあんかけだしで。
・九条ねぎの酢味噌あえ、ぬた
・「だし巻き卵の具」に。きのこや肉、卵などとともに炒め物に。パスタの具材にも。

●ゴーヤ
・ゆがいて「おひたし」。ゴーヤーチャンプルーなどの炒め物も。

●きゅうり
・酢の物に。二杯酢でも三杯酢でも。たこ・はも・うなぎ・あなご・はも・ちりめんじゃこなどと。
・千切りキュウリにハムや焼豚と錦糸卵を合わせて、ごま油と醤油で「中華サラダ」に
・豚肉、ツナ、きのこ、たまごなどで「きゅうり炒め物」に。塩味や醤油味のほか、ゆかり味も。
・牛肉ときゅうりのコショウ炒め、ウインナーやベーコンでケチャップ炒め

●玉レタス
・サラダはもちろん、炒飯の具や、豚しゃぶの野菜にも。

●サニーレタス
・サラダやサンドウィッチの具に。サラダはごま油と醤油の風味がおいしいチョレギサラダがおすすめ。
・焼肉の箸休めに。焼肉を包んでいただいても。

●オクラ(五角オクラ、丸オクラ)
・ゆがいて「おひたし」や「ごまあえ」「ポン酢あえ」
・「オクラ納豆」「山芋オクラ」。うな丼に添えたり、マグロの山かけにしたり、素麺つゆに混ぜたりも。
・なすや枝豆、冬瓜、えび、高野豆腐とともに「野菜の炊きもの」。

●いんげん
・「ごまあえ」や茹でてサラダに。辛子マヨネーズとの相性もGood!
・油炒めに。豚肉やベーコンなどと炒めても美味しくいただけます。肉じゃがなど煮物料理の色どりにも。

●スナップえんどう
アメリカ原産の比較的新しい品種です。熟しても鞘が柔らかく丸ごといただける豆です。
シャキシャキ食感、甘み、ほろ苦さを楽しめます。加熱は控えめにするのが美味しくいただくコツ。
・軽くゆがいて辛子マヨネーズにディップして。サラダにも。いかやエビなどと炒め物にも。

●ししとう(万願寺とうがらし)
細長い伏見甘長とうがらしを外来種と交配したのが万願寺です。伏見甘長に比べ万願寺は太くて甘め。
・炒めたり、グリルで焼いてから鰹節でおひたしに
・じゃこや薄揚げなどで炊きもの。天ぷらやグリルに、焼きびたしや揚げびたしも

●ピーマン
・炒め物全般「野菜炒め」「青椒肉絲」、ピーマンに挽き肉を詰めた「ピーマン肉詰め」
・ピーマンとちりめんじゃこを甘辛く炒めた「じゃこピーマン」

ビバ・マルシェの焼き芋は9月ごろまで夏季休止します。

秋野菜続々入荷!明日は茨木えきまえマルシェ#110~いばきたマルシェfrom佐保「アグリファーム佐保」

さつまいも鳴門金時煮物

10月も後半。もう半袖では寒い気温で、すっかり秋も深くなってきました。明日の茨木えきまえマルシェは、アグリファーム佐保による「いばきたマルシェ」。秋の野菜が続々入荷しています。


茨木えきまえマルシェ#110~いばきたマルシェfrom佐保・アグリファーム佐保

いばきた(茨木市北部地域)の中では南寄り、彩都もほど近い佐保地区から5人の生産者さんが野菜を出荷します。

2018年8月17日 アグリファーム佐保の野菜&レシピ

キヌムスメやヒノヒカリの新米も入荷。秋野菜盛りだくさんで秋を満喫できそうです。

●新米(きぬむすめ)
温暖な西日本でも美味しく栽培できるよう開発された品種です。大阪府の栽培推奨品種です。
白くつややかに炊きあがり、特に粘りが強く柔らかく「コシヒカリ」なみにおいしいと評価されています。
おかずとして炊きたてアツアツでいただくのがおすすめ。

●新米(ヒノヒカリ)
宮﨑で開発された品種。粒は丸みがあり、コシヒカリより小さめですが厚みがあり食べ応えじゅうぶん。
味もコシヒカリに匹敵します。水加減や炊きかたをどのように調整しても美味しく炊ける万能選手です。
硬めに炊けば炒飯にも。水分でベシャっとしにくいので、丼物、カレーにもあいます。
茨木ショップタウン地下のカレー専門店「タシモリカレー」でもヒノヒカリ(他県産)を使用しています。

●すだち
爽やかな酸味と青みがかった香りが、秋の食材の風味を引き立てます。
・焼きさんまの付け合わせに。大根おろしとともに。
・松茸の付け合わせに。焼き松茸、土瓶蒸しにも。
・鶏天ぶっかけうどんに。天ぷらや唐揚げのレモン代わりにも。
・焼酎の割り材として
・お菓子作りに

●柿(富有柿)
岐阜県原産の甘柿。果肉は詰まっていてとろけるような柔らかさ。果汁も多く甘みがあります。

●つるむらさき
本来は茎が紫で、つるを持つ緑黄色野菜です。すこし粘りがあります。ほうれんそうのように使えます。
・油との相性がよいので炒め物全般に。豚肉や人参、きのこなどと炒めても。
・ゆがいて胡麻和えやお浸しに

●さつまいも(鳴門金時)
ホクホクで甘みの強いさつまいも。「栗のよう」ともいわれます。
・焼きいも、蒸し芋でおやつに
・天ぷらや鉄板焼きに
・甘辛く煮物に。少し酸味のあるレモン煮も。豚汁やけんちん汁の具にもおすすめ。
・きんとんやスイートポテトなどスイーツに。
さつまいも鳴門金時煮物
●里芋
粘りのある小さな芋です。ゆがいてから手で摘まむとツルっと皮が剥けます。火傷にお気を付けください。
・茹でて塩や味噌をつけて
・「煮っころがし」や「鶏肉そぼろあんかけ」。そぼろあんかけは味噌風味でもGood!
・「筑前煮」「するめいかの煮物」などの煮物、「豚汁」などの汁物
・ジャガイモ代わりに「ポテトサラダ」、「マッシュトポテト」、衣をつけて「コロッケ」

●カボチャ(鶴首かぼちゃ)
細長く、首の部分が鶴の首に似ています。
・とても濃厚な味わいで繊維質が少ないので、ポタージュやカボチャサラダに。
・ピューレ状にして、プリンやケーキ、羊羹などスイーツの材料にも。
・ソテーやグリルに。下の部分をくりぬいてグラタンに。グラタンのソースはカボチャ風味してもGood。

●カボチャ(ロロン) 
ラグビーボールに似た独特な形で、上品な甘さとホクホク感と滑らかな舌触りを兼ね備えた食感が特徴。
・煮物やパンプキンサラダに。クリームチーズを混ぜたり、潰し残して食感を楽しむのもアリ。

●なす(千両なす)
・「マーボーナス」「なすの肉みそ炒め」など。トマトと好相性でトマトソースのパスタや、ラタトゥイユなどにも。

●九条ねぎ
葉の内側にぬめりがあり、軟らかく甘みがあります。
・「京風きつねうどん」。細切りの薄揚げと斜め切りの九条ネギ、おろし生姜たっぷりのあんかけだしで。
・九条ねぎの酢味噌あえ、ぬた
・だし巻き卵の具に。
・きのこや肉、卵などとともに炒め物に。
・パスタの具材

●きゅうり
・酢の物に。二杯酢でも三杯酢でも。たこ・はも・うなぎ・あなご・はも・ちりめんじゃこなどと。
・千切りキュウリにハムや焼豚と錦糸卵を合わせて、ごま油と醤油で「中華サラダ」に
・豚肉、ツナ、きのこ、たまごなどで「きゅうり炒め物」に。塩味や醤油味のほか、ゆかり味も。
・牛肉ときゅうりのコショウ炒め、ウインナーやベーコンでケチャップ炒め

●サニーレタス
・サラダやサンドウィッチの具に。サラダはごま油と醤油の風味がおいしいチョレギサラダがおすすめ。
・焼肉の箸休めに。焼肉を包んでいただいても。

●オクラ(五角オクラ、丸オクラ)
・ゆがいて「おひたし」や「ごまあえ」「ポン酢あえ」
・「オクラ納豆」「山芋オクラ」。うな丼に添えたり、マグロの山かけにしたり、素麺つゆに混ぜたりも。
・なすや枝豆、冬瓜、えび、高野豆腐とともに「野菜の炊きもの」。

●いんげん
・ごまあえ
・茹でてサラダに。辛子マヨネーズとの相性もGood!
・油炒めに。豚肉やベーコンなどと炒めても美味しくいただけます。
・肉じゃがなど煮物料理の色どりに

●ししとう(万願寺とうがらし・伏見甘長とうがらし)
伏見甘長は細く、万願寺は太くて甘めです。伏見甘長を外来種と交配したのが万願寺です。
・炒めたり、グリルで焼いてから鰹節でおひたしに
・じゃこや薄揚げなどで炊きもの。天ぷらやグリルに、焼きびたしや揚げびたしも

●ピーマン
・炒め物全般「野菜炒め」「青椒肉絲」、ピーマンに挽き肉を詰めた「ピーマン肉詰め」
・ピーマンとちりめんじゃこを甘辛く炒めた「じゃこピーマン」
じゃこピーマン
●玉ねぎ
・スライスオニオン、かつおたたきの薬味、「マリネ」「南蛮漬け」
・肉とも好相性。ハンバーグ、すき焼き、チキンライス、オムライス 。「カレー」「肉じゃが」など煮物にも。
・みじん切りのたまねぎにたたいて薄く伸ばした牛肉を漬け込んで焼き上げる「シャリピアンステーキ」

ビバ・マルシェの焼き芋は9月ごろまで夏季休止します。

茨木えきまえマルシェ#15~いばきたマルシェfrom忍頂寺・Farm河野屋の商品・レシピ

茨木えきまえマルシェ#15~いばきたマルシェfrom忍頂寺・Farm河野屋の商品やレシピをご紹介します。

忍頂寺の農家・河野さんが、車作の谷間の畑でつくる新鮮野菜です。竜王山南側の斜面にあるので日当たりもよく、水にも恵まれています。
車作の畑は標高約250m。昼夜の気温差も大きいため、野菜の成長には最適な環境です。
河野さんはできるだけ珍しい品種の野菜を選び、通常の種まき時期とずらすことで本来はあまり出回らない時期にも出荷できます。
日本海の海水をかけて虫よけに使う農薬を減らしたり、トマトは完熟させて収穫することで糖度を上げるなど、農業を専門に学んだ河野さんだけに、生産や収穫の方法には工夫がいっぱい。

2017年12月18日 Farm河野屋の野菜&レシピ

●太っ子ネギ
下仁田ネギのように太めで、根元の軟白部分は短めですが、柔らかく緻密で風味抜群。生でも加熱しても美味です。鍋が恋しくなるこの時期にはうれしいネギです。

●下仁田ねぎ(下仁田系ねぎ)
江戸時代は献上ネギだった下仁田系ねぎを品種改良したものです。煮物、鍋物にすると甘みがあり、とろけるような舌ざわりで下仁田ネギ独特の風味をもっています。

どちらも熱を通すと甘さやトロトロ感も出て絶品。焼きネギは素材の持ち味をそのまま味わえます。青いところを残すため根元に土を盛らずに育てています。
・茄子や玉ねぎ、人参、スライスしたカボチャなどと一緒に「野菜のグリル」
・「すき焼き」「海鮮鍋」「しゃぶしゃぶ」「うどんすき」など鍋物の具材に
・焼き鳥や煮魚の添え物に

●オレンジ白菜
芯葉はオレンジ色を帯びた白菜です。甘みが強く柔らかいのでサラダなど生食にも。
シスリコピンという吸収されやすいリコピンの含有量が多くなっています。
・「クリーム煮」「白菜ステーキ」

●水菜
シャキシャキでサラダに最適。もちろん鍋に入れてもGood!
・カリカリのじゃこや細切りの大根と和えて「和風サラダ」に。トッピングは海苔で。
・からすみやたらこをバターで和えて、水菜をトッピングしたパスタ。

●大根
本来は冬が旬の根菜です。おろしやスライスなど生から煮物、さらにはステーキなども。
・拍子木切りにして「野菜スティック」、細切りでマヨネーズとあえて「サラダ」にも
・「大根おろし」で焼き魚の「薬味」、「じゃこおろし」や「みぞれ鍋」も
・大根おろしとポン酢の相性も抜群。「ハンバーグソース」「鉄板焼き」のたれなど
・「おでん」「ぶり大根」「煮物」、銀杏切りで鍋物の具にも
・肉との相性もいいので炒め煮にして「豚バラ大根」「鶏もも大根」も

●紅芯大根
皮は青首大根のような色なのに、中は鮮やかな紅色の大根。辛みが少なくサラダに向いています。
・「甘酢漬け」「サラダ」など

●青長大根
地中の白い根が短いものの、地上に長く伸びる青首部分が長く、中まで緑色の大根です。辛みが少ないので漬物やサラダ向きです。
・「野菜スティック」「大根サラダ」など

●かぶ
煮物や漬物におすすめ。豚肉や鶏肉との相性もよいので炒め物も。
・「ポトフ」「クリームシチュー」「野菜の炊き合わせ」などの煮物。
・薄切りにして塩もみしたり、甘酢に漬けて漬物に。

●ニンジン
常備しておきたい根物野菜の定番。カレーやシチュー、肉じゃがなど煮込み料理に。
・バーニャカウダやドレッシングでディップして
・玉ねぎ・セロリ・マッシュルーム一緒に刻んで炒めるといろんなソースのベースに

●金時にんじん
鋭くとがった根が鮮やかな紅色の人参です。京人参とも。煮崩れしにくく、おせちのお煮しめにも。
・飾り切りして「梅人参」にしてお煮しめに。京都の白みそ仕立てのお雑煮の具にも。

●玉ねぎ
生・炒め物・煮物と万能選手。香味野菜にも。きつね色になるまで火を通せば甘みも。
・「カレー」「シチュー」「肉じゃが」「チキンライス」「ナポリタン」
・「酢豚」「豚バラ玉ねぎ炒め」
・「すりおろし玉ねぎ」でステーキやドレッシングに。
・ウェイパーや創味シャンタン、醬油、酒に角切り玉ねぎで上品なラーメンスープに。

●葉玉ねぎ
長く伸びる葉っぱはふつうのネギのように使えます。
・辛みが少ないので水にさらして「オニオンスライス」やサラダのトッピングに

●さつまいも
ホクホクのサツマイモ。グリルでじっくり火を通すとねっとりと甘みが出てきます。
・ねっとりと甘い「焼き芋」
・栗と一緒に甘く煮た「甘露煮」

●ミニカボチャ(栗坊)
ホクホク感の強いカボチャです。電子レンジで10分ほどチンするだけでも美味です。
・定番の「かぼちゃ煮物」。ホクホク感がたまりません。
・くりぬいて生クリームや卵・ミルクを流しいれて焼けば「丸ごとかぼちゃプリン」
・くりぬいて玉ねぎベーコン、マカロニ、マッシュルームなどで「かぼちゃグラタン」

茨木えきまえマルシェ#11~いばきたマルシェfrom忍頂寺・Farm河野屋の商品・レシピ

茨木えきまえマルシェ#11~いばきたマルシェfrom忍頂寺・Farm河野屋の商品やレシピをご紹介します。

忍頂寺の農家・河野さんが、車作の谷にある畑で作った新鮮野菜です。谷といっても竜王山南側の斜面にあるので日当たりもよく、水にも恵まれています。標高250m前後で昼夜の気温差も大きいため、野菜の成長には最適な環境です。

河野さんはできるだけ珍しい品種の野菜を選び、通常の種まき時期とずらすことで本来はあまり出回らない時期にも出荷できます。日本海からくんできた海水かけることで虫よけに使う農薬を減らしたり、トマトは完熟させてから収穫することで糖度を上げるなど、農業を専門に学んだ河野さんだけに、生産や収穫の方法には工夫がいっぱい。

2017年12月7日 Farm河野屋の野菜&レシピ

●太っ子ネギ
下仁田ネギのように太めで、根元の軟白部分は短めですが、柔らかく緻密で風味抜群。生でも加熱しても美味です。鍋が恋しくなるこの時期にはうれしいネギです。

●下仁田ねぎ(下仁田系ねぎ)
江戸時代は献上ネギだった下仁田系ねぎを品種改良したものです。煮物、鍋物にすると甘みがあり、とろけるような舌ざわりで下仁田ネギ独特の風味をもっています。

どちらも熱を通すと甘さやトロトロ感も出て絶品。焼きネギは素材の持ち味をそのまま味わえます。青いところを残すため根元に土を盛らずに育てています。
・「ぬた」にして酢味噌で
・茄子や玉ねぎ、人参、スライスしたカボチャなどと一緒に「野菜のグリル」
・「すき焼き」「海鮮鍋」「しゃぶしゃぶ」「うどんすき」など鍋物の具材に
・焼き鳥や煮魚の添え物に

●大根
本来は冬が旬の根菜です。おろしやスライスなど生から煮物、さらにはステーキなども。
貴重な葉付きなので、葉っぱはふりかけや漬物、炊き込みご飯に。
・拍子木切りにして「野菜スティック」、細切りでマヨネーズとあえて「サラダ」にも
・「大根おろし」で焼き魚の「薬味」、「じゃこおろし」や「みぞれ鍋」も
・大根おろしとポン酢の相性も抜群。「ハンバーグソース」「鉄板焼き」のたれなど
・「おでん」「ぶり大根」「煮物」、銀杏切りで鍋物の具にも
・肉との相性もいいので炒め煮にして「豚バラ大根」「鶏もも大根」も

●オレンジ白菜
球の内側の芯葉が鮮やかなオレンジ色をした白菜です。一般的なハクサイが含有しないシスリコピンを含みます。シスリコピンは通常のリコピンより体内に吸収されやすいとか。
青臭さが少なく、歯切れもよく、オレンジの芯葉には甘みがあります。鍋の具材や漬物のほか、サラダなど生食にも適しています。
・かつお節醬油や、胡麻ドレッシング、黒酢ドレッシングなどで「白菜サラダ」
・ベーコンとともに「白菜ステーキ」や、「白菜ベーコンクリーム煮」

●オレンジ白菜漬
河野さん自家製の白菜漬です。甘みもあって絶品。

●水菜
シャキシャキでサラダに最適。もちろん鍋に入れてもGood!
・カリカリのじゃこや細切りの大根と和えて「和風サラダ」に。トッピングは海苔で。
・からすみやたらこをバターで和えて、水菜をトッピングしたパスタ。

●ニンジン
葉付きなのは新鮮だからこそ。生でも甘みが楽しめます。葉っぱも食べられます。
・バーニャカウダやドレッシングでディップして
・玉ねぎ・セロリ・マッシュルーム一緒に刻んで炒めるといろんなソースのベースに
・葉っぱの「おひたし」「胡麻和え」「天ぷら」
・バジルなどのように香草のように。「香草揚げ」「ジェノベーゼソース風」など

●玉ねぎ
生・炒め物・煮物と万能選手。香味野菜にも。きつね色になるまで火を通せば甘みも。
・水にさらして「オニオンスライス」やサラダのトッピングに
・「カレー」「シチュー」「肉じゃが」「チキンライス」「ナポリタン」
・「酢豚」「豚バラ玉ねぎ炒め」
・「すりおろし玉ねぎ」でステーキやドレッシングに。
・ウェイパーや創味シャンタン、醬油、酒に角切り玉ねぎで上品なラーメンスープに。

●新葉玉ねぎ
玉が膨らみかけの早い時期に葉付きのまま収穫したものです。この時期出回るのは稀です。新玉ねぎよりも更にみずみずしく柔らか。甘くて辛味はあまりありません。葉の部分も細くて柔らかく、九条ネギと似ていますが少し肉厚です。クセもなく食べやすいと評判。

●にんにく
料理の風味を増す薬味として欠かせません。熱を通すとホクホクで甘みも出てきます。油とも好相性。
・にんにくそのものをいただく「ホイル焼き」や「揚げにんにく」
・中華料理やエスニック、イタリアン、スパニッシュの薬味として

●さつまいも
ホクホクのサツマイモ。グリルでじっくり火を通すとねっとりと甘みが出てきます。
・ねっとりと甘い「焼き芋」
・栗と一緒に甘く煮た「甘露煮」

●ミニカボチャ(栗坊)
ホクホク感の強いカボチャです。電子レンジで10分ほどチンするだけでも美味です。
・定番の「かぼちゃ煮物」。ホクホク感がたまりません。
・くりぬいて生クリームや卵・ミルクを流しいれて焼けば「丸ごとかぼちゃプリン」
・くりぬいて玉ねぎベーコン、マカロニ、マッシュルームなどで「かぼちゃグラタン」

「茨木えきまえマルシェ」ご案内
▶最新情報https://marche.ibarakiekimae.com/

●見山の郷:第1・3水曜10:30
●かよぶたoven(パン)&ぬか太郎(漬物):第2・4月曜10:00
●夢ファーム銭原:第2・4火曜10:00
●ビバ・マルシェ(焼芋ほか):第2・4水曜13:00

茨木ショップタウンでは初めての「茨木えきまえマルシェ」盛況でした。

茨木えきまえマルシェ#1~いばきたマルシェfrom忍頂寺

10月16日(月)10時から、茨木えきまえマルシェを開催しました。茨木ショップタウンでは初めてのマルシェは、「いばきたマルシェfrom忍頂寺」として茨木市役所北部整備推進課の協力で河野さんの作る野菜を販売しました。

・下仁田系の極太長ネギ
・小松菜
・サラダ水菜
・長ナス
・葉付きニンジン
・玉ねぎ
・じゃがいも(メークイン)
・さつまいも
・栗
・ミニカボチャ(栗坊)
・黒大豆の枝豆

雨にもかかわらず朝から多くのお客さまにお買い上げいただき午後4時過ぎには葉物がすべて売り切れてしまいました。お陰様で大盛況でした。

次回は24日(火)は「いばきたマルシェfrom銭原」として、茨木市最北端の銭原自治会有志による「夢ファーム銭原」の野菜やお米などを販売します。