間もなく梅雨明け。茨木えきまえマルシェ#175~いばきたマルシェfrom佐保・アグリファーム佐保

茨木えきまえマルシェレシピモロッコいんげんなすのカレー炒め
ご来店の方に茨木ショップタウン2階小倉屋の「おやつ昆布 かぼちゃの種」の試食も進呈。
茨木えきまえマルシェおやつ昆布かぼちゃの種試食
第2・4月曜に「準農家マルシェ(仮称)」がスタート。
茨木市・農とみどり推進課の協力で、茨木市内の準農家によるマルシェが始まりました。

いばきた(茨木市北部地域)の中では南寄り、彩都もほど近い佐保地区から5人の生産者さんが野菜を出荷します。「かよぶたoven」のパンマルシェも同時開催。

かよぶたovenの身体にうれしいパンや焼き菓子も届きます。ベーコンやソーセージも、亜硝酸ナトリウムが入っていない「無塩せき」のものに切り替わってますます身体が喜ぶパンです。
茨木えきまえマルシェパン屋かよぶたovenパン


2019年7月19日 アグリファーム佐保の野菜&レシピ

そろそろ梅雨明け。夏から秋にかけての野菜が続々入荷。
●つるむらさき
・油との相性がよいので炒め物全般に。豚肉や人参、きのこなどと炒めても。
・ゆがいて胡麻和えやお浸しに

●枝豆
塩ゆででおつまみに。冬瓜とえび、しんじょなどの煮物の具に。枝豆ご飯に。

●トマト・ミニトマト
・モッツァレラチーズ、バジル、塩、オリーブオイルでサラダ。えびやアサリなど魚介の具で冷製パスタ。
・トマトソース。ひき肉を加えてミートソースにも。鶏肉とセロリのトマト煮込み、トマト卵炒め、トマト卵スープ。

●バジル
・トマトを使ったサラダや煮込み料理、パスタの風味づけに。ジェノベーゼソースにも。

●大葉
・刺身や冷奴、うなぎ丼、素麺などの薬味に。梅肉、ゆずこしょう、じゃこで混ぜご飯や和風パスタにも。
・天ぷら。ちくわ、鶏、豚肉、魚など巻いて天ぷらや唐揚げ、フリッター、ソテーに。梅風味も。
茨木えきまえマルシェレシピ豚肉大葉チーズ巻きソテー

●九条ねぎ
・九条ねぎの酢味噌あえ、ぬた。生姜を利かせた京風きつねうどんなどの麺類、冷奴などの薬味に。
・だし巻き卵の具に。きのこや肉、卵などとともに炒め物に。お好み焼きならぬねぎやきに。パスタの具に。

●きゅうり
・野菜スティックやそのまま齧って。味噌、味噌マヨネーズ、梅肉、酢味噌、粗塩など
・たこ、はも、うなぎ、あなご、ちりめんじゃこで酢の物。焼豚と錦糸卵に醤油とごま油で中華サラダに。

●なす(千両なす) 
・「マーボーナス」「なすの肉みそ炒め」など。トマトと好相性でトマトソースのパスタや、ラタトゥイユなどにも。

●翡翠なす
翡翠のような緑色のナス。アクや苦味が少なめで軟らかく火を通すとトロトロに。漬物、煮物、焼き物に。
・煮びたし、焼きびたし、焼きナス、田楽なす

●万願寺とうがらし 
・炒めたり、グリルで焼いたり揚げてから鰹節でおひたし。じゃこや薄揚げと炊きもの。天ぷらやグリル。

●ズッキーニ
・赤玉ねぎやカリフラワー、じゃがいもなどの野菜とともに「グリル」。カレーやパスタの具に

●ピーマン
・炒め物全般「野菜炒め」「青椒肉絲」「じゃこピーマン」、ピーマンに挽き肉を詰めた「ピーマン肉詰め」

●モロッコいんげん・いんげん
・ゆがいて「ごま和え」「サラダ」。「てんぷら」「素揚げ」。肉などと炒め物に。醤油炒め、塩炒めなど。
・いんげんはアスパラ、人参、チーズ、豚肉やベーコンで巻いてソテーやフライに。
茨木えきまえマルシェレシピモロッコいんげんなすのカレー炒め

●虹色菜(スイスチャード)
・ソテーや野菜炒めなど炒め物。おひたしに。他の果物や野菜とともにジューサーで搾った「スムージー」
・味噌汁の具に。おにぎりをスイスチャードの葉でくるんで「めはり寿司風」に

●じゃがいも(ホクホク系:キタアカリ・男爵、しっとり系:シェリー・メークイン)
キタアカリは黄色くホクホク感、甘みが特徴。シェリーは皮は赤く、中は淡い黄色のじゃがいも。
・ホクホク系はじゃがバター、粉吹きいも、ポテトサラダ、コロッケ、ポテトフライなど。
・しっとり系はカレーやシチュー、肉じゃがなど煮込み料理に。

●人参
・カレーやシチュー、肉じゃがなど煮込み料理。玉ねぎ・セロリ・マッシュルームと炒めてソースのベースに。
・バーニャカウダやドレッシングでディップして。葉も硬い軸を除いて、油炒めや天ぷらに。

●玉ねぎ・赤玉ねぎ
・オニオンスライス。スモークサーモンや生ハムを添えても。ツナサラダ、ポテトサラダ、ピクルス、甘酢漬け
・アジのフリッターやスモークサーモンとともに南蛮漬けやマリネに。かつおのたたきの付合せに
・甘みを生かしてすき焼きや肉じゃがに。グリル、焼き野菜・炒め物に。ピザやピザトーストの具に。

●キャベツ
・サラダや浅漬け、揚げ物の付合せ。ざく切りで辛味噌をつけて。蒸してアンチョビソースをかけて。
・野菜炒めや回鍋肉など炒めもの、お好み焼きに。ポトフ、ロールキャベツなど煮込み料理
茨木えきまえマルシェレシピアンチョビキャベツ

●にんにく
・ビーフやチキンの「ガーリックステーキ」、「麻婆豆腐」「ニラレバ」など炒め物全般、まるごと「ホイル焼き」
・唐辛子とにんにくで「ペペロンチーノ」、えび・牡蠣・ほたてなど魚介、砂肝、きのこなどで「アヒージョ」
・バゲットにバターとにんにくを塗って「ガーリックトースト」、スライスして油で揚げて「ガーリックチップ」

●米(きぬむすめ)
きぬむすめは白くつややかな炊き上がりで、粘りが強く柔らかく「コシヒカリ」なみにおいしいという評価。

ビバ・マルシェの焼き芋は9月ごろまで夏季休止します。

本格的な夏はすぐそこ。茨木えきまえマルシェ#172~いばきたマルシェfrom佐保・アグリファーム佐保

トマトモッツアレラバジル
ご来店の方に茨木ショップタウン2階小倉屋の「昆布飴」の試食も進呈。
茨木えきまえマルシェ昆布飴試食茨木えきまえマルシェ昆布飴試食
第2・4月曜に「準農家マルシェ(仮称)」がスタート。
茨木市・農とみどり推進課の協力で、茨木市内の準農家によるマルシェが始まりました。

いばきた(茨木市北部地域)の中では南寄り、彩都もほど近い佐保地区から5人の生産者さんが野菜を出荷します。「かよぶたoven」のパンマルシェも同時開催。

かよぶたovenの身体にうれしいパンや焼き菓子も届きます。ベーコンやソーセージも、亜硝酸ナトリウムが入っていない「無塩せき」のものに切り替わってますます身体が喜ぶパンです。
茨木えきまえマルシェパン屋かよぶたovenパン


2019年7月5日 アグリファーム佐保の野菜&レシピ

まもなく本格的な暑さに。夏の野菜が続々入荷。

●ミニトマト(アイコ)
・フレッシュバジル、モッツァレラチーズとともに「トマトサラダ」。塩とオリーブオイルで。
・オムライスのソースに。煮込んでトマトソースに。ひき肉を加えてミートソースにも。
・鶏肉とセロリのトマト煮込み、トマト卵炒め、トマト卵スープ。えびやアサリなど魚介の具で冷製パスタ。

●バジル
・トマトを使ったサラダや煮込み料理、パスタの風味づけに。ジェノベーゼソースにも。
トマトモッツアレラバジル

●大葉
・刺身や冷奴、うなぎ丼、素麺などの薬味に。梅肉、ゆずこしょう、じゃこで混ぜご飯や和風パスタにも。
・天ぷら。ちくわ、鶏、豚肉、魚など巻いて天ぷらや唐揚げ、フリッター、ソテーに。梅風味も。

●きゅうり
・野菜スティックやそのまま齧って。味噌、味噌マヨネーズ、梅肉、酢味噌、粗塩など
・たこ、はも、うなぎ、あなご、ちりめんじゃこで酢の物。焼豚と錦糸卵に醤油とごま油で中華サラダに。
・牛、豚、ベーコン、ツナ、きのこ、卵などで炒め物。塩味、醤油味、胡椒味、ケチャップ味やゆかり味で。

●なす(千両なす) 
・「マーボーナス」「なすの肉みそ炒め」など。トマトと好相性でトマトソースのパスタや、ラタトゥイユなどにも。

●翡翠なす
翡翠のような緑色のナス。アクや苦味が少なめで軟らかく火を通すとトロトロに。漬物、煮物、焼き物に。
・煮びたし、焼きびたし、焼きナス、田楽なす
翡翠茄子のレシピ(バター焼き)

●万願寺とうがらし 
・炒めたり、グリルで焼いたり揚げてから鰹節でおひたし。じゃこや薄揚げと炊きもの。天ぷらやグリル。

●ズッキーニ
・赤玉ねぎやカリフラワー、じゃがいもなどの野菜とともに「グリル」。カレーやパスタの具に

●ピーマン
・炒め物全般「野菜炒め」「青椒肉絲」「じゃこピーマン」、ピーマンに挽き肉を詰めた「ピーマン肉詰め」

●モロッコいんげん・いんげん
・ゆがいて「ごま和え」「サラダ」。「てんぷら」「素揚げ」。肉などと炒め物に。醤油炒め、塩炒めなど。
・いんげんはアスパラ、人参、チーズ、豚肉やベーコンで巻いてソテーやフライに。

●虹色菜(スイスチャード)
・ソテーや野菜炒めなど炒め物。おひたしに。他の果物や野菜とともにジューサーで搾った「スムージー」
・味噌汁の具に。おにぎりをスイスチャードの葉でくるんで「めはり寿司風」に

●じゃがいも(ホクホク系:キタアカリ・男爵)
キタアカリはホクホク感があり、黄色く甘みが強いことから「クリジャガイモ」とも。
・じゃがバター、粉吹きいも、ポテトサラダ、コロッケ、ポテトフライなど。切って野菜のグリルにも

●じゃがいも(しっとり系:シェリー・メークイン)
シェリーは皮は赤く、中は淡い黄色のじゃがいも。メークイン同様にしっとりとして煮崩れしにくい芋です。
・カレーやシチュー、肉じゃがなど煮込み料理に。
茨木えきまえマルシェレシピじゃがいもシェリーのおでん

●人参
・カレーやシチュー、肉じゃがなど煮込み料理。玉ねぎ・セロリ・マッシュルームと炒めてソースのベースに。
・バーニャカウダやドレッシングでディップして。葉も硬い軸を除いて、油炒めや天ぷらに。

●玉ねぎ・赤玉ねぎ
・オニオンスライス。スモークサーモンや生ハムを添えても。ツナサラダ、ポテトサラダ、ピクルス、甘酢漬け
・アジのフリッターやスモークサーモンとともに南蛮漬けやマリネに。かつおのたたきの付合せに
・甘みを生かしてすき焼きや肉じゃがに。グリル、焼き野菜・炒め物に。ピザやピザトーストの具に。

●玉レタス
・サラダに、ハンバーガーやサンドウィッチに。卵スープの具材、スナップエンドウとベーコンの炒め物
・鮭や焼豚とともにレタスチャーハンに、タコスやタコライスの具に

●キャベツ
・サラダや浅漬け、揚げ物の付合せ。ざく切りで辛味噌をつけて。蒸してアンチョビソースをかけて。
・野菜炒めや回鍋肉など炒めもの、お好み焼きに。ポトフ、ロールキャベツなど煮込み料理

●にんにく
・ビーフやチキンの「ガーリックステーキ」、「麻婆豆腐」「ニラレバ」など炒め物全般、まるごと「ホイル焼き」
・唐辛子とにんにくで「ペペロンチーノ」、えび・牡蠣・ほたてなど魚介、砂肝、きのこなどで「アヒージョ」
・バゲットにバターとにんにくを塗って「ガーリックトースト」、スライスして油で揚げて「ガーリックチップ」

●米(きぬむすめ)
きぬむすめは白くつややかな炊き上がりで、粘りが強く柔らかく「コシヒカリ」なみにおいしいという評価。

ビバ・マルシェの焼き芋は9月ごろまで夏季休止します。

茨木えきまえマルシェ#168~いばきたマルシェfrom佐保・アグリファーム佐保

茨木えきまえマルシェレシピ豚肉大葉チーズ巻きソテー
ショップタウン2階・小倉屋の「おやつ昆布 かぼちゃの種」200g1000円の試食実施中!

茨木えきまえマルシェおやつ昆布かぼちゃの種試食

第2・4月曜に「準農家マルシェ(仮称)」がスタート。
茨木市・農とみどり推進課の協力で、茨木市内の準農家によるマルシェが始まりました。

いばきた(茨木市北部地域)の中では南寄り、彩都もほど近い佐保地区から5人の生産者さんが野菜を出荷します。「かよぶたoven」のパンマルシェも同時開催。

かよぶたovenの身体にうれしいパンや焼き菓子も届きます。ベーコンやソーセージも、亜硝酸ナトリウムが入っていない「無塩せき」のものに切り替わってますます身体が喜ぶパンです。
茨木えきまえマルシェパン屋かよぶたovenパン


2019年6月21日 アグリファーム佐保の野菜&レシピ

夏の野菜も続々入荷。いんげんやピーマンなど初物も。
●モロッコいんげん
平さやいんげんの大きいものです。シャキシャキした食感を楽しみます。
・ゆがいて「ごま和え」「サラダ」。「てんぷら」「素揚げ」。肉などと炒め物に。醤油炒め、塩炒めなど。

●インゲン豆
・「ごま和え」「おひたし」「サラダ」。アスパラ、人参、チーズ、豚肉やベーコンで巻いてソテーやフライに。

●ピーマン
・炒め物全般「野菜炒め」「青椒肉絲」。ピーマンに挽き肉を詰めた「ピーマン肉詰め」
・ピーマンとちりめんじゃこを甘辛く炒めた「じゃこピーマン」
じゃこピーマン

●ビーツ
赤い色素を持ち、根を食べます。
・定番のボルシチや、カレーに。クリームやバターでスムージーやスープに。
・マリネ・甘酢漬け・サラダに。ポテトサラダに混ぜても美味。赤い色素を利用してパンや菓子作りにも。

●カリフラワー
・ゆがいて「サラダ」。ポテトサラダに。調味酢につけてピクルスやマリネも。淡い味わいのポタージュにも
・カレーやマヨネーズ、クリームと好相性で、炒めもの・オーブン焼き・グラタンなど。

●ブロッコリー
・ゆがいて「サラダ」に。塩味やクリームの「パスタの具」、「カレー」や「シチュー」の具

●ズッキーニ
・赤玉ねぎやカリフラワー、じゃがいもなどの野菜とともに「グリル」。カレーやパスタの具に

●虹色菜(スイスチャード)
ほうれんそうのように使えます。油で炒めるとおいしくいただけます。茎はシャキシャキ感を活かして。
・ソテーや野菜炒めなど炒め物に。おひたしに。他の果物や野菜とともにジューサーで搾った「スムージー」
・味噌汁の具に。おにぎりをスイスチャードの葉でくるんで「めはり寿司風」に

●じゃがいも(ホクホク系:キタアカリ・男爵)
キタアカリはホクホク感があり、黄色く甘みが強いことから「クリジャガイモ」とも。
・じゃがバター、粉吹きいも、ポテトサラダ、コロッケ、ポテトフライなど。切って野菜のグリルにも

●じゃがいも(しっとり系:シェリー・メークイン)
シェリーは皮は赤く、中は淡い黄色のじゃがいも。メークイン同様にしっとりとして煮崩れしにくい芋です。
・カレーやシチュー、肉じゃがなど煮込み料理に。

●新玉ねぎ・赤玉ねぎ
みずみずしく辛みも少ないので、水に晒し生でいただくのがおすすめ。赤玉ねぎはさらに辛み控えめ。
・オニオンスライス。スモークサーモンや生ハムを添えても。ツナサラダ、ポテトサラダ、ピクルス、甘酢漬け
・アジのフリッターやスモークサーモンとともに南蛮漬けやマリネに。かつおのたたきの付合せに
・甘みを生かしてすき焼きや肉じゃがに。グリル、焼き野菜・炒め物に。ピザやピザトーストの具に。
茨木えきまえマルシェレシピ赤玉ねぎのオニオンスライス

●ちりめんチシャ
・じゃことの相性良いので、じゃこレタス炒飯やじゃこレタスサラダに。ごま油との3点セットも美味。

●玉レタス
・サラダに、ハンバーガーやサンドウィッチに。卵スープの具材、スナップエンドウとベーコンの炒め物
・鮭や焼豚とともにレタスチャーハンに、タコスやタコライスの具に

●真竹たけのこ
孟宗竹のたけのこよりもアクが少なく、米ぬかを使う必要もありません。
・たけのこご飯やタイのグリーンカレーに。パスタの具にも
・山菜や葉物野菜との炊合せ、かつおぶしで煮る「土佐煮」、甘辛くたいてメンマに。
・ピーマン・豚肉・シイタケとともに青椒肉絲、きんぴら、てんぷら、酢味噌和え、焼たけのこ

●大葉
・刺身や冷奴、うなぎ丼、素麺などの薬味に。梅肉、ゆずこしょう、じゃこで混ぜご飯や和風パスタにも。
・天ぷら。ちくわ、鶏、豚肉、魚など巻いて天ぷらや唐揚げ、フリッター、ソテーに。梅風味も。
茨木えきまえマルシェレシピ豚肉大葉チーズ巻きソテー

●梅
塩と紫蘇で梅干に。氷砂糖や焼酎で梅シロップや梅酒に(一度凍らせるとエキスが出やすくなります)。

●九条ねぎ
・うどんやそば、そうめんの薬味に。麻婆豆腐など中華の香味づけに
・唐辛子と醬油で味付けしたパスタにベーコンと小ねぎのみじん切りを加えて「和風ペペロンチーノ」
・炊きたてごはんに、刻んだハムと小ねぎを混ぜこんで「洋風混ぜごはん」

●人参
・カレーやシチュー、肉じゃがに。玉ねぎ・セロリ・マッシュルームとともに炒めてソースのベースに。
・バーニャカウダやドレッシングでディップして。葉も硬い軸を除いて、油炒めや天ぷらに。

●キャベツ
・サラダや浅漬け、揚げ物の付合せ。ざく切りで辛味噌をつけて。蒸してアンチョビソースをかけて。
・野菜炒めや回鍋肉など炒めもの、お好み焼きに。ポトフ、ロールキャベツなど煮込み料理

●にんにく
・ビーフやチキンの「ガーリックステーキ」、「麻婆豆腐」「ニラレバ」など炒め物全般、まるごと「ホイル焼き」
・唐辛子とにんにくで「ペペロンチーノ」、えび・牡蠣・ほたてなど魚介、砂肝、きのこなどで「アヒージョ」
・バゲットにバターとにんにくを塗って「ガーリックトースト」、スライスして油で揚げて「ガーリックチップ」

●米(きぬむすめ)
きぬむすめは白くつややかな炊き上がりで、粘りが強く柔らかく「コシヒカリ」なみにおいしいという評価。

ビバ・マルシェの焼き芋は9月ごろまで夏季休止します。