雨水の候の「茨木えきまえマルシェ#139~いばきたマルシェfrom忍頂寺・Farm河野屋」

茨木えきまえマルシェほうれん草入グラタン

明日は「いばきたマルシェfrom忍頂寺・Farm河野屋」。一足早く、明日入荷する予定の野菜をご紹介します。

茨木えきまえマルシェ#138~いばきたマルシェfrom忍頂寺・Farm河野屋

忍頂寺の農家・河野さんが、標高約250m、車作の谷でつくる新鮮野菜です。竜王山南側の斜面にある畑は日当たりもよく、水にも恵まれています。昼夜の気温差も大きいため、野菜の成長には最適な環境です。

河野さんはできるだけ珍しい品種の野菜を選び、通常の種まき時期とずらすことで本来はあまり出回らない時期にも出荷しています。

日本海から汲んできた海水をかけて虫よけに使う農薬を減らしたり、トマトは完熟させて収穫することで糖度を上げるなど、農業を専門に学んだ河野さんだけに、生産や収穫の方法には工夫がいっぱい。

2019年2月18日 Farm河野屋の野菜&レシピ

2月19日は二十四節気の雨水。雪が雨に変わる時季とされ、農作業を始めるの目安とされました。

●菜花
アブラナ科の野菜です。少しほろ苦さがありますが加熱すると甘みが出ます。
・かつお節でおひたし。辛子醤油和えも。塩漬けや醤油漬けで漬物。
・油との相性もいいので炒めもの、揚げ物(天ぷら・フリッター)。
・味噌汁の具、煮物の具。炊き込みご飯にも。

●ほうれんそう
とれたてのほうれん草はすぐに使うか、ゆがいてください。その甘みに驚かされます。
冬が旬のほうれんそう。茹でたり、炒めたりして熱を通していただくのがおすすめ。
・ごまあえやおひたし、味噌汁の具
・常夜鍋(豚肉とほうれんそう)をポン酢で
・ソテーやベーコン・コーン・卵と炒めものにして
・クリームとの相性もよいので牡蠣や鱈など冬の魚介のグラタンに入れて
茨木えきまえマルシェほうれん草入グラタン

●小松菜
・ゆがいてお浸しや辛子醤油和えに。
・薄揚げときのこで甘辛く煮びたしに。豚肉やベーコンと炒めものも。

●金時人参
西洋人参よりも軟らかく甘みもあります。青臭さも少ないので人参が苦手なお子さんにもおすすめ。
・筑前煮や肉じゃがなどの煮物。
・きんぴら、なます
・鶏肉や舞茸とともに炊き込みご飯に。
・ポテトサラダ、千切りの金時人参と大根をマヨネーズと塩コショウでサラダに。お好みでホタテ水煮も。

●ポワロ(リーキ)
「ポロねぎ」ともよばれる西洋ねぎです。ネギよりもクセがなく、加熱すると甘さやトロトロ食感もあって美味です。熱を加える煮込み料理や焼き料理におすすめ。
・ベーコンやソーセージとの相性もいいので「ポトフ」
・「スープ」や「シチュー」。肉との相性もいいので牛すじシチューもおすすめ。
・生地の中に練りこんで「キッシュ」 
・かぶ、玉ねぎ、パプリカ、カボチャなどと一緒に「野菜のグリル」。肉のローストの付け合わせにも

●サラダ春菊
春に花をつけるキク科の野菜。独特の香りをもち、火を通すと葉にほろ苦さが出てきます。
鍋物のほかサラダにも。ツナ缶との相性も良く和え物にしてもよいそうです。
・「すき焼き」や「しゃぶしゃぶ」など鍋物の具に、「春菊天」。温かいそばに載せツユに浸して
・かつお節やすりごまで「おひたし」や「ごまあえ」
・茹でた春菊をつぶした豆腐や細切りのこんにゃくや人参と和えて甘辛く味付けした「しらあえ」

●白菜
まだまだ鍋料理が恋しい季節。鍋料理には欠かせません。
・定番「鍋物」の具に。厚揚げといっしょに「炊き合わせ」。
・鶏肉やベーコンとともに「クリーム煮」
・豚肉と中華風の炒め物に。ヤングコーンやパプリカ・ウズラ卵を加えて「八宝菜」にも
茨木えきまえマルシェ白菜ソテー

●下仁田赤ネギ
土寄せした根元の部分が赤紫色になります。柔らかく緻密で風味抜群。生も加熱も美味。
熱を通すと甘さやトロトロ感も出て絶品。焼きネギは素材の持ち味をそのまま味わえます。
・かぶ、玉ねぎ、人参、スライスしたカボチャなどと一緒に「野菜のグリル」。焼き鳥や煮魚の添え物に
・「すき焼き」「海鮮鍋」「しゃぶしゃぶ」「うどんすき」など鍋物の具材に

●葉玉ねぎ
時期をずらして育てた「新玉ねぎ」なので辛み控えめ。長く伸びる葉っぱはふつうのネギのように使えます。
河野さんによるとすき焼きに入れるのが一番おいしい食べ方。熱を通すとトロトロで甘みが出ます。
・水にさらして「オニオンスライス」やサラダのトッピングに、丸ごとスープで煮て「玉ねぎのスープ煮」

●大根
本来は冬が旬の根菜です。おろしやスライスなど生から煮物、さらにはステーキなども。
・拍子木切りにして「野菜スティック」、細切りでマヨネーズとあえて「サラダ」にも
・「大根おろし」で焼き魚の「薬味」、「じゃこおろし」や「みぞれ鍋」も。銀杏切りで鍋物の具にも
・大根おろしとポン酢の相性も抜群。「ハンバーグソース」「鉄板焼き」のたれなど
・「おでん」「ぶり大根」「煮物」。肉との相性もいいので炒め煮にして「豚バラ大根」「鶏もも大根」も

●丸大根
京野菜の「聖護院大根」と同じ系統の大根です。柔らかいのに煮崩れしにくく、煮込み料理に向いています。辛味がなくみずみずしいのでスティックサラダや、漬物(甘酢漬・塩漬)やピクルスにも適しています。
・豚肉との相性がよく「豚バラ大根煮」油揚げやがんもどきと共に煮物に
・あっさり甘辛く煮てから鶏ひき肉のそぼろをかけまわして「丸大根のそぼろあんかけ」
・大根ステーキ(バター醤油・チーズ・カレー粉の洋風、だし・みりん・醤油・砂糖・味噌・ごま油の和風)

「いばきたマルシェ」が茨木市広報「広報いばらき」で紹介されました

「広報いばらき平成31年2月号」いばきたマルシェ表紙

いつも「茨木えきまえマルシェ」をご愛顧いただき誠に有難うございます。

茨木市の全世帯に配布される広報誌「広報いばらき」で「いばきたマルシェ」が紹介されました。
「広報いばらき平成31年2月号」いばきたマルシェ表紙

「広報いばらき平成31年2月号」いばきたマルシェ紹介

ちなみに「大阪モノレール」の「OSAKAモノレールPRESS」でも掲載していただいております。大人の事情で紙面を掲載しませんが、ぜひご覧ください。

立春でも鍋の季節はまだ終わらない「いばきたマルシェfrom忍頂寺・Farm河野屋」

おでん大根

明日は「いばきたマルシェfrom忍頂寺・Farm河野屋」。一足早く、明日入荷する予定の野菜をご紹介します。

茨木えきまえマルシェ#135~いばきたマルシェfrom忍頂寺・Farm河野屋

忍頂寺の河野さんが、車作の谷の畑でつくる新鮮野菜です。竜王山南側の斜面で日当たりもよく、水にも恵まれています。標高約250mで昼夜の気温差も大きく、野菜の成長には最適な環境です。
珍しい品種の野菜を選び、通常の種まき時期とずらすことで本来はあまり出回らない時期にも出荷できます。日本海の海水をかけて虫よけに使う農薬を減らしたり、トマトは完熟させて収穫することで糖度を上げるなど、農業を専門に学んだ河野さんだけに、生産や収穫の方法には工夫がいっぱい。

2019年2月4日 Farm河野屋の野菜&レシピ

今日は立春。暦の上では春でもまだ寒い日が続きます。鍋野菜もご用意しています。
●下仁田ネギ
幅広で長いネギです。土をかぶせて育てた軟白部分は柔らかく緻密で風味抜群。生も加熱も美味。
熱を通すと甘さやトロトロ感も出て絶品。焼きネギは素材の持ち味をそのまま味わえます。
・かぶ、玉ねぎ、人参、スライスしたカボチャなどと一緒に「野菜のグリル」、焼き鳥や煮魚の添え物に。
・「すき焼き」「海鮮鍋」「しゃぶしゃぶ」「うどんすき」など鍋物の具材に

●葉玉ねぎ
時期をずらして育てた「新玉ねぎ」なので辛み控えめ。長く伸びる葉っぱはふつうのネギのように使えます。
河野さんによると「そのまますき焼きに入れる」のが一番おいしい食べ方だそうです。
・辛みが少ないので水にさらして「オニオンスライス」やサラダのトッピングに
・丸ごとスープで煮て「玉ねぎのスープ煮」

●ポワロ(リーキ)
「ポロねぎ」ともよばれる西洋ねぎです。ネギよりもクセがなく、加熱すると甘さやトロトロ食感もあって美味です。熱を加える煮込み料理や焼き料理におすすめ。
・ベーコンやソーセージと合うので「ポトフ」「スープ」や「シチュー」。肉と好相性で牛すじシチューもおすすめ。
・生地の中に練りこんで「キッシュ」 
・かぶ、玉ねぎ、パプリカ、カボチャなどと一緒に「野菜のグリル」。肉のローストの付け合わせにも

●白菜
まだまだ鍋料理が恋しい季節。鍋料理には欠かせません。
・定番「鍋物」の具に。厚揚げといっしょに「炊き合わせ」も。鶏肉やベーコンとともに「クリーム煮」
・豚肉と中華風の炒め物に。ヤングコーンやパプリカ・ウズラ卵を加えて「八宝菜」にも

●白菜の漬物
外側の葉が傷んだ白菜を、傷んだ部分は丁寧に取り除いて河野さんが塩漬けしました。
塩分3%なのでとてもあっさり。温度が高いと乳酸発酵で徐々に酸味が。古漬け好きにはたまりません。

●ほうれんそう
冬が旬のほうれんそう。茹でたり、炒めたりして熱を通していただくのがおすすめ。
・おひたし、味噌汁の具、常夜鍋(豚肉とほうれんそう)をポン酢で
・ソテーやベーコン・コーン・卵と炒めもの。クリームとあうので牡蠣や鱈などと冬の魚介のグラタンに。

●水菜
シャキシャキでサラダに最適。もちろん鍋に入れてもGood!
・カリカリのじゃこや細切りの大根と和えて「和風サラダ」に。トッピングは海苔で。
・からすみやたらこをバターで和えて、水菜をトッピングしたパスタ。

●春菊
春に花をつけるキク科の野菜。独特の香りをもち、火を通すと葉にほろ苦さが出てきます。
鍋物のほかサラダにも。ツナ缶との相性も良く和え物にしてもよいそうです。
・「すき焼き」や「しゃぶしゃぶ」など鍋物の具に。「春菊天」に。温かいそばにあいます。
・かつお節やすりごまで「おひたし」や「ごまあえ」、豆腐やこんにゃくや人参と和えた「しらあえ」

●かぶ
煮物や漬物におすすめ。豚肉や鶏肉との相性もよいので炒め物も。
・「ポトフ」「クリームシチュー」「野菜の炊き合わせ」などの煮物に、油揚げなどともに味噌汁の具に。
・やわらかく炊いて、鶏ひきにくのそぼろあんかけに。豚バラ肉やベーコンとともに炒め物に
・薄切りにして塩もみしたり、甘酢に漬けて漬物に

●大根
本来は冬が旬の根菜です。おろしやスライスなど生から煮物、さらにはステーキなども。
・拍子木切りにして「野菜スティック」、細切りでマヨネーズとあえて「サラダ」にも
・「大根おろし」で「焼き魚」「じゃこおろし」「みぞれ鍋」。おろしポン酢は「ハンバーグ」「鉄板焼き」に
・「おでん」「ぶり大根」「煮物」、銀杏切りで鍋物の具にも
・肉との相性もいいので炒め煮にして「豚バラ大根」「鶏もも大根」も

●丸大根
京野菜の「聖護院大根」と同じ系統の大根です。柔らかいのに煮崩れしにくく、煮込み料理に向いています。みずみずしいのでスティックサラダや、お漬物やピクルスにも適しています。
・豚肉との相性がよく「豚バラ大根煮」、鶏ひき肉のそぼろをかけまわして「丸大根のそぼろあんかけ」

●大根の漬物
焼酎入りですっきりと甘い調味液に漬け込みました。昆布のだしとゆずの風味が人気です。

●ニンジン
常備しておきたい根物野菜の定番。カレーやシチュー、肉じゃがなど煮込み料理に。
・鍋物の具に。鍋の彩りにもなります。バーニャカウダやドレッシングでディップして。
・玉ねぎ・セロリ・マッシュルーム一緒に刻んで炒めるといろんなソースのベースに

あけましておめでとうございます。本日は「いばきたマルシェfrom忍頂寺・Farm河野屋」

あけましておめでとうございます。本年も茨木えきまえマルシェをご愛顧のほど、よろしくお願いいたします。

新年最初のマルシェは、「いばきたマルシェfrom忍頂寺・Farm河野屋」です。

本日入荷予定の野菜を、レシピとともにご紹介します。


茨木えきまえマルシェ#127~いばきたマルシェfrom忍頂寺・Farm河野屋

忍頂寺の農家・河野さんが、標高約250m、車作の谷でつくる新鮮野菜です。竜王山南側の斜面にある畑は日当たりもよく、水にも恵まれています。昼夜の気温差も大きいため、野菜の成長には最適な環境です。
河野さんはできるだけ珍しい品種の野菜を選び、通常の種まき時期とずらすことで本来はあまり出回らない時期にも出荷しています。
日本海から汲んできた海水をかけて虫よけに使う農薬を減らしたり、トマトは完熟させて収穫することで糖度を上げるなど、農業を専門に学んだ河野さんだけに、生産や収穫の方法には工夫がいっぱい。

2019年1月7日 Farm河野屋の野菜&レシピ

●白菜
まだまだ鍋料理が恋しい季節。鍋料理には欠かせません。
・定番「鍋物」の具に。厚揚げといっしょに「炊き合わせ」。鶏肉やベーコンとともに「クリーム煮」
・豚肉と中華風の炒め物に。ヤングコーンやパプリカ・ウズラ卵を加えて「八宝菜」にも

●ネギ
下仁田ネギのように太めで、根元の軟白部分は短めも、柔らかく緻密で風味抜群。生も加熱も美味。
熱を通すと甘さやトロトロ感も出て絶品。焼きネギは素材の持ち味をそのまま味わえます。青いところを残すため根元に土を盛らずに育てています。
・かぶ、玉ねぎ、人参、スライスしたカボチャなどと一緒に「野菜のグリル」。焼き鳥や煮魚の添え物に
・「すき焼き」「海鮮鍋」「しゃぶしゃぶ」「うどんすき」など鍋物の具材に

●葉玉ねぎ
時期をずらして育てた「新玉ねぎ」なので辛み控えめ。長く伸びる葉っぱはふつうのネギのように使えます。
河野さんによるとすき焼きに入れるのが一番おいしい食べ方。熱を通すとトロトロで甘みが出ます。
・水にさらして「オニオンスライス」やサラダのトッピングに、丸ごとスープで煮て「玉ねぎのスープ煮」

●大根
本来は冬が旬の根菜です。おろしやスライスなど生から煮物、さらにはステーキなども。
・拍子木切りにして「野菜スティック」、細切りでマヨネーズとあえて「サラダ」にも
・「大根おろし」で焼き魚の「薬味」、「じゃこおろし」や「みぞれ鍋」も。銀杏切りで鍋物の具にも
・大根おろしとポン酢の相性も抜群。「ハンバーグソース」「鉄板焼き」のたれなど
・「おでん」「ぶり大根」「煮物」。肉との相性もいいので炒め煮にして「豚バラ大根」「鶏もも大根」も

●丸大根
京野菜の「聖護院大根」と同じ系統の大根です。柔らかいのに煮崩れしにくく、煮込み料理に向いています。辛味がなくみずみずしいのでスティックサラダや、漬物(甘酢漬・塩漬)やピクルスにも適しています。
・豚肉との相性がよく「豚バラ大根煮」油揚げやがんもどきと共に煮物に
・あっさり甘辛く煮てから鶏ひき肉のそぼろをかけまわして「丸大根のそぼろあんかけ」
・大根ステーキ(バター醤油・チーズ・カレー粉の洋風、だし・みりん・醤油・砂糖・味噌・ごま油の和風)

●水菜
シャキシャキでサラダに最適。もちろん鍋に入れてもGood!
・カリカリのじゃこや細切りの大根と和えて「和風サラダ」に。トッピングは海苔で。
・からすみやたらこをバターで和えて、水菜をトッピングしたパスタ。

●ニンジン
常備しておきたい根物野菜の定番。カレーやシチュー、肉じゃがなど煮込み料理に。
・鍋物の具に。赤い野菜はないので鍋の彩りにもなります。
・バーニャカウダやドレッシングでディップして
・玉ねぎ・セロリ・マッシュルーム一緒に刻んで炒めるといろんなソースのベースに

●春菊
春に花をつけるキク科の野菜。独特の香りをもち、火を通すと葉にほろ苦さが出てきます。
鍋物のほかサラダにも。ツナ缶との相性も良く和え物にしてもよいそうです。
・「すき焼き」や「しゃぶしゃぶ」など鍋物の具に、「春菊天」。温かいそばに載せツユに浸して
・かつお節やすりごまで「おひたし」や「ごまあえ」
・茹でた春菊をつぶした豆腐や細切りのこんにゃくや人参と和えて甘辛く味付けした「しらあえ」

●ほうれんそう
冬が旬のほうれんそう。茹でたり、炒めたりして熱を通していただくのがおすすめ。
・おひたし、味噌汁の具、常夜鍋(豚肉とほうれんそう)をポン酢で
・ソテーやベーコン・コーン・卵と炒めものにして
・クリームとの相性もよいので牡蠣や鱈など冬の魚介のグラタンに入れて

●真菜
アブラナ科の野菜。高菜に似た使い方ができそう。花がついてから菜の花ように食べることも。
・塩漬け
・豚肉とにんにく鍋。しょうゆと塩で味付けし、生姜とにんにくを薬味に。
・和え物各種。辛子和え・白和え・ピーナッツバター和え
・薄揚げとともに煮物に。・豚肉やこんにゃく、にんじんと甘辛炒め

●菜花
アブラナ科の野菜です。少しほろ苦さがありますが加熱すると甘みが出ます。
・おひたし、漬物、炒めもの、揚げ物(天ぷら)、味噌汁の具

●白菜漬け
外側の葉が傷んだりした白菜を河野さんが塩漬けしました。
傷んだ部分は丁寧に取り除いているので、とてもきれいなお漬物です。塩分3%なのでとてもあっさり。
温度が高いと乳酸発酵が進み、徐々に酸味が出ます。古漬けがお好みの方は少し置いてみてください。

●大根の漬物
うまみたっぷりの甘酢で漬け込んでいます。焼酎と唐辛子で漬け込むことで大根の甘みが引き立ちます。
河野さんも「これは他の人には漬けられないと思います」という自信作。

茨木えきまえマルシェ 年末年始営業のご案内(2018-19)

平素より格別のご愛顧を賜り厚く御礼申し上げます。

茨木えきまえマルシェの年末年始期間の営業についてご案内します。

2018年
12/25(火) 銭原・夢ファーム銭原 営業します
12/28(金) 泉原・泉原ファーマーズ 営業します(年内最終営業)
2019年
1/4(金) 佐保・アグリファーム佐保 休業します
1/7(月) 忍頂寺・Farm河野屋 営業します(初売り)

明日は5ヶ月ぶり復活「いばきたマルシェfrom忍頂寺・Farm河野屋」

明日は7月以来ほぼ5ヶ月ぶりのいばきたマルシェfrom忍頂寺・Farm河野屋です。

地震や猛暑、台風の影響で出荷ができない状態が続いていましたが、ようやく秋蒔きの野菜が収穫できるようになってきました。

いち早く明日入荷予定の野菜を、レシピとともにご紹介します。


茨木えきまえマルシェ#123~いばきたマルシェfrom忍頂寺・Farm河野屋

忍頂寺の農家・河野さんが、標高約250m、車作の谷でつくる新鮮野菜です。竜王山南側の斜面にある畑は日当たりもよく、水にも恵まれています。昼夜の気温差も大きいため、野菜の成長には最適な環境です。
河野さんはできるだけ珍しい品種の野菜を選び、通常の種まき時期とずらすことで本来はあまり出回らない時期にも出荷しています。
日本海から汲んできた海水をかけて虫よけに使う農薬を減らしたり、トマトは完熟させて収穫することで糖度を上げるなど、農業を専門に学んだ河野さんだけに、生産や収穫の方法には工夫がいっぱい。

2018年12月17日 Farm河野屋の野菜&レシピ

●大根
本来は冬が旬の根菜です。おろしやスライスなど生から煮物、さらにはステーキなども。
・拍子木切りにして「野菜スティック」、細切りでマヨネーズとあえて「サラダ」にも
・「大根おろし」で焼き魚の「薬味」、「じゃこおろし」や「みぞれ鍋」も
・大根おろしとポン酢の相性も抜群。「ハンバーグソース」「鉄板焼き」のたれなど
・「おでん」「ぶり大根」「煮物」、銀杏切りで鍋物の具にも
・肉との相性もいいので炒め煮にして「豚バラ大根」「鶏もも大根」も

●かぶ
煮物や漬物におすすめ。豚肉や鶏肉との相性もよいので炒め物も。
・「ポトフ」「クリームシチュー」「野菜の炊き合わせ」などの煮物に、油揚げともに味噌汁の具に
・やわらかく炊いて、鶏ひきにくのそぼろあんかけに、豚バラ肉やベーコンとともに炒め物に
・薄切りにして塩もみしたり、甘酢に漬けて漬物に

●丸大根
京野菜の「聖護院大根」と同じ系統の大根です。柔らかいのに煮崩れしにくく、煮込み料理に向いています。長大根のような辛味がなくみずみずしいのでスティックサラダや、お漬物やピクルスにも適しています。
・甘酢漬け、浅漬け
・豚肉との相性がよいようです「豚バラ大根煮」油揚げやがんもどきと共に煮物に
・あっさり甘辛く煮てから鶏ひき肉のそぼろをかけまわして「丸大根のそぼろあんかけ」
・大根ステーキ(バター醤油・チーズ・カレー粉の洋風、だし・みりん・醤油・砂糖・味噌・ごま油の和風)

●金時にんじん
鋭くとがった根が鮮やかな紅色の人参です。京人参とも。煮崩れしにくく、おせちのお煮しめにも。
・飾り切りして「梅人参」にしてお煮しめに。京都の白みそ仕立てのお雑煮の具にも。

●ニンジン
常備しておきたい根物野菜の定番。カレーやシチュー、肉じゃがなど煮込み料理に。
・バーニャカウダやドレッシングでディップして
・玉ねぎ・セロリ・マッシュルーム一緒に刻んで炒めるといろんなソースのベースに

●ほうれんそう
冬が旬のほうれんそう。茹でたり、炒めたりして熱を通していただくのがおすすめ。
・おひたし、味噌汁の具、常夜鍋(豚肉)の具
・ソテーやベーコン・卵と炒めものにして

●太っ子ネギ
下仁田ネギのように太めで、根元の軟白部分は短めも、柔らかく緻密で風味抜群。生も加熱も美味。
熱を通すと甘さやトロトロ感も出て絶品。焼きネギは素材の持ち味をそのまま味わえます。青いところを残すため根元に土を盛らずに育てています。
・かぶ、玉ねぎ、人参、スライスしたカボチャなどと一緒に「野菜のグリル」
・「すき焼き」「海鮮鍋」「しゃぶしゃぶ」「うどんすき」など鍋物の具材に
・焼き鳥や煮魚の添え物に
●葉玉ねぎ
時期をずらして育てた「新玉ねぎ」なので辛み控えめ。長く伸びる葉っぱはふつうのネギのように使えます。
河野さんによるとすき焼きに入れるのが一番おいしい食べ方。熱を通すとトロトロで甘みが出ます。
・水にさらして「オニオンスライス」やサラダのトッピングに、丸ごとスープで煮て「玉ねぎのスープ煮」
●水菜
シャキシャキでサラダに最適。もちろん鍋に入れてもGood!
・カリカリのじゃこや細切りの大根と和えて「和風サラダ」に。トッピングは海苔で。
・からすみやたらこをバターで和えて、水菜をトッピングしたパスタ。
●春菊
春に花をつけるキク科の野菜。独特の香りをもち、火を通すと葉にほろ苦さが出てきます。
鍋物のほかサラダにも。ツナ缶との相性も良く和え物にしてもよいそうです。
・「すき焼き」や「しゃぶしゃぶ」など鍋物の具に、「春菊天」。温かいそばに載せツユに浸して
・かつお節やすりごまで「おひたし」や「ごまあえ」
・茹でた春菊をつぶした豆腐や細切りのこんにゃくや人参と和えて甘辛く味付けした「しらあえ」
●オレンジ白菜
芯葉はオレンジ色を帯びた白菜です。甘みが強く柔らかいのでサラダなど生食にも。
シスリコピンという吸収されやすいリコピンの含有量が多くなっています。
・定番「鍋物」の具に。厚揚げといっしょに「炊き合わせ」、ベーコンなどと「クリーム煮」
・豚肉と中華風の炒め物に。ヤングコーンやパプリカ・ウズラ卵を加えて「八宝菜」にも
・半分に切って焼き目をつけて「白菜ステーキ」。かつお節と醬油、ガーリックバターなどの味付けも。
・ザクザク刻んで「白菜サラダ」に。ポン酢をかけたり、クルトンやカリカリベーコンをトッピングして洋風でも。

●オレンジ白菜の浅漬け
外側の葉が傷んだりした白菜を河野さんが塩漬けしました。オレンジ白菜だから歯切れがよくやわらか。
傷んだ部分は丁寧に取り除いているので、とてもきれいなお漬物です。塩分3%なのでとてもあっさり。
温度が高いと乳酸発酵が進み、徐々に酸味が出ます。古漬けがお好みの方は少し置いてみてください。

茨木市農業祭にいばきたマルシェ出店&安威川ダムカレーPRします

11月17日(土)、18日(日)の2日間、茨木市農業祭が開催されます。

市役所前中央公園南・北グラウンドで農林産物品評会や即売(生鮮野菜/新米/果実/地酒/加工品/木工製品/花苗、切り花等/市内名産品/小豆島町・竹田市名産品/みしま館/見山の郷/朝市/各種模擬店/バザー)、ポン菓子無料配布が行われます。

茨木えきまえマルシェ(いばきたマルシェ)も出店します。17日は忍頂寺「Farm河野屋」、18日は「泉原ファーマーズ」「アグリファーム佐保」が出店します。

また茨木えきまえマルシェと、茨木ショップタウンで提供している安威川ダムカレーのPRを行います。
181117茨木市農業祭いばきたマルシェ・安威川ダムカレーチラシ

出店場所は市役所前中央公園北グラウンドの南東角(高橋交差点にもっとも近いところ)付近です。隣ではポン菓子配布を行っています。

ご来場お待ちしています。

明日の忍頂寺「Farm河野屋」のいばきたマルシェ・かよぶたovenのパンマルシェは臨時休止します

平素より格別のご愛顧を賜り厚く御礼申し上げます。

明日(2018年8月20日)の茨木えきまえマルシェ・いばきたマルシェfrom忍頂寺「Farm河野屋」は、台風と猛暑の影響で出荷する野菜が不足しているため、やむなく休止させていただきます。

また同時開催の「かよぶたoven」によるパンマルシェも休止させていただきます。

大変ご迷惑をおかけいたしますが何卒ご容赦のほどお願い申し上げます。

来週月曜の忍頂寺「Farm河野屋」のいばきたマルシェ・かよぶたovenのパンマルシェは臨時休止します

平素より格別のご愛顧を賜り厚く御礼申し上げます。

来週月曜の茨木えきまえマルシェ・いばきたマルシェfrom忍頂寺「Farm河野屋」は、台風と猛暑の影響で出荷する野菜が不足しているため、やむなく休止させていただきます。

また同時開催の「かよぶたoven」によるパンマルシェも休止させていただきます。

何卒ご容赦のほどお願い申し上げます。

明日は「茨木えきまえマルシェ#85~いばきたマルシェfrom忍頂寺・Farm河野屋」

トマトモッツアレラバジル

明日は「茨木えきまえマルシェ#80~いばきたマルシェfrom忍頂寺・Farm河野屋」。明日入荷予定の野菜をいち早くご案内します。

7月16日 同時開催
「わさび松葉試食会@茨木えきまえマルシェ」
「パンマルシェbyベイク女子「かよぶたoven」

6月より「アグリファーム佐保」登場。次回は7月20日(金)です。
ビバ・マルシェの焼き芋は9月ごろまで夏季休止します。


茨木えきまえマルシェ#85~いばきたマルシェfrom忍頂寺・Farm河野屋

忍頂寺の農家・河野さんが、標高約250m、車作の谷でつくる新鮮野菜です。竜王山南側の斜面にある畑は日当たりもよく、水にも恵まれています。昼夜の気温差も大きいため、野菜の成長には最適な環境です。

河野さんはできるだけ珍しい品種の野菜を選び、通常の種まき時期とずらすことで本来はあまり出回らない時期にも出荷しています。

日本海から汲んできた海水をかけて虫よけに使う農薬を減らしたり、トマトは完熟させて収穫することで糖度を上げるなど、農業を専門に学んだ河野さんだけに、生産や収穫の方法には工夫がいっぱい。

2018年7月16日 Farm河野屋の野菜&レシピ

●キュウリ
・ワイルドにそのまま齧って。味噌、味噌マヨネーズ、梅肉、酢味噌、粗塩など
・酢の物に。二杯酢でも三杯酢でも。たこ・はも・うなぎ・あなご・はも・ちりめんじゃこなどと。
・千切りキュウリにハムや焼豚と錦糸卵を合わせて、ごま油と醤油で「中華サラダ」に
・豚肉、ツナ、きのこ、たまごなどで「きゅうり炒め物」に。塩味や醤油味のほか、ゆかり味も。
・ハムやソーセージでケチャップ味の「きゅうり炒め物」に
・サンドウィッチに。浅漬けのきゅうりをいれるのもオツです。
・浅漬けやピクルスに
・穴子やうなぎとともに刻んで、混ぜごはんに

●ミニトマト「アイコ」
厚めの皮の中はシャキシャキ感のある果肉たっぷり。ゼリー状の部分は少なめですが甘みが広がります。
・サラダに
・甘みとうまみの凝縮するドライトマトに。豚肉や鶏肉との煮物・炒め物、パスタ、ラタトゥイユなどに

●トマト
生でも加熱してもいただけます。加熱するとアミノ酸のうまみが引き立ちます。卵とも好相性。
・フレッシュバジル、モッツァレラチーズとともに「トマトサラダ」。塩とオリーブオイルで。
・オムライスのソースに。ケチャップに角切りのトマトを加えて。
・煮込んでトマトソースに。ひき肉を加えてミートソースにも。
・鶏肉とセロリのトマト煮込み
・トマト卵炒め、トマト卵スープ
・トマトの冷製パスタに。えびやアサリなど魚介の具で。大葉や梅肉、ゆかりで和風にも。

トマトモッツアレラバジル

●スイスチャード
アカザ科フダンソウ属の葉物野菜です。和名は「フダンソウ」。カラフルな茎が特徴的です。
ほうれんそうのように使えます。油で炒めるとおいしくいただけます。茎はシャキシャキ感を活かして。
・おひたし
・味噌汁の具に
・ソテーや野菜炒めなど炒め物に。
・おにぎりをスイスチャードの葉でくるんで「めはり寿司風」に
・他の果物や野菜とともにジューサーで搾った「スムージー」

スイスチャードおひたし

●キャベツ
サラダに炒め物に煮物にとマルチに使える万能野菜。揚げ物のつけ合わせにも欠かせません。
・刻みキャベツ、塩や塩昆布和え、青しそドレッシングなどで
・ザク切りにして、みそマヨネーズや辛みそで
・浅漬けや酢漬けに
・「ロールキャベツ」「ホイコーロー」など肉料理に
・豚肉、ウインナーやベーコン、卵、アンチョビなどと「野菜炒め」。ニンジンや茄子も一緒に。
・「お好み焼き」「焼きそば」
・ポテトなどとともに「キッシュ」に
・塩やバターで味付けしたパスタにベーコン・アンチョビやきのことともに茹でキャベツを加えて

●とうもろこし
・茹でとうもろこし。甘みをストレートに楽しめます。
・焼きとうもろこし、醤油を塗って焼くとこうばしさアップ。
・コーンバター。ソーセージやベーコンを加えると食べ応えがあります。
・スライスして天ぷらに
・粒だけそぎ切りにして炊き込みご飯に。

●長なす
・「マーボーナス」「なすの肉みそ炒め」など中華の炒め物に
・「ごまあえ」「おひたし」
・「天ぷら」のほか、素揚げで塩をつけても
・トマトとの相性がよいので、トマトソースのパスタや、ラタトゥイユなどにも。

●玉ねぎ
煮物、炒め物はもちろん、生でもいただける万能野菜。香味野菜としても。加熱すると甘みがでます。
・スライスオニオン。かつおたたきの薬味や「マリネ」「南蛮漬け」にも。
・野菜のグリル
・「ハンバーグ」「すき焼き」「酢豚」「豚バラ玉ねぎ炒め」など肉と
・みじん切りのたまねぎにたたいて薄く伸ばした牛肉を漬け込んで焼き上げる「シャリピアンステーキ」
・「すりおろし玉ねぎ」でステーキやドレッシングに
・「カレー」「シチュー」「肉じゃが」など煮物に
・「オニオングラタン」
・玉ねぎ、ピーマン、人参、マッシュルームなどで「チキンライス」「オムライス」「ナポリタン」
・ウェイパーや創味シャンタン、醬油、酒に角切り玉ねぎで上品なラーメンスープに

●じゃがいも(メークイン)
みずみずしく、ねばりがあるので煮崩れしにくく、煮込み料理に適しています。
・「カレー」「シチュー」「肉じゃが」「おでん」に。
・玉ネギ、ベーコン、スモークサーモンや卵とともにキッシュの具に