明後日は大寒だから鍋野菜!「茨木えきまえマルシェ#130~いばきたマルシェfrom佐保・アグリファーム佐保」

1月20日は大寒。一年で最も寒い時期だから鍋や煮込み料理用の野菜が入荷します。いばきた(茨木市北部地域)の中では南寄り、彩都もほど近い佐保地区から5人の生産者さんが野菜を出荷します。


2019年1月18日 アグリファーム佐保の野菜&レシピ

●白菜
・鍋物に。豚肉や鶏肉で「ピエンロー鍋」。
・ベーコンやキノコと炒めものにも。クリームシチューも。
・厚揚げや油揚げと炊いて。ぶなしめじや舞茸を加えてもよいでしょう。

●水菜
・鍋物に。
・シャキシャキ食感をいかしてサラダに。
・薄揚げと「水菜のたいたん」に。
・和風パスタの具に。食感のアクセントや淡い緑で色どりもよくなります。

●春菊
・鍋物、とくにすき焼きに。
・香りをいかしてお浸しに。かつお節でもごまでも合います。
・春菊はベーコン炒めも。

●壬生菜(みぶな)
・浅漬け、おひたし。ツナサラダ。
・薄揚げと甘辛く炒め煮に。

●九条ねぎ
・「京風きつねうどん」。細切りの薄揚げと斜め切りの九条ネギ、おろし生姜たっぷりのあんかけだしで。
・九条ねぎの酢味噌あえ、「ぬた」に。青柳などの貝やタコ、ベビー帆立とともに。
・「だし巻き卵」の具に。
・きのこや肉、卵で炒め物に。パスタの具材にも。

●白ねぎ
・グリルにしたり、焼き鳥の串に刺したり。白い部分を加熱するとトロトロで甘みが出ます。
・すき焼きやしゃぶしゃぶなど鍋の具に。
・炒飯やみそ汁の具にも。

●大根
・いちょう切りで鍋の具。ポン酢との相性がよいようです。
・おろし大根で「みぞれ鍋」「じゃこおろし」。
・かす汁も美味しい季節。
・煮物全般に。豚肉・鶏肉やゆで卵と甘辛く煮て。ぶり大根もおすすめ。
・おでん

●かぶら
・薄切りにして甘酢漬けに。炊きもので鶏そぼろあんかけに。
・「鶏肉クリーム煮」いかと「炊き合わせ」にも。

●ほうれんそう
・お浸しや胡麻和えに、カリカリベーコンやサウザンドアイランドドレッシングなどともにサラダに。
・豚肉とともに「常夜鍋」。ポン酢でいただきます。
・旬の牡蠣とともに、ほうれんそう入り牡蠣グラタンに
・ベーコンやコーンとともにバターソテー。

●チンゲン菜
・炒めもの全般。ゆでて中華料理の付け合せに。担々麺の具にも。
・かつおぶし醤油で。辛子あえも。
●里芋
皮むきが面倒というイメージがありますが、ゆでると指でつまむだけでツルっと剥けます。
・茹でて塩や味噌で。
・「煮っころがし」「鶏肉そぼろあんかけ」。そぼろあんかけは味噌風味でもGood!
・「筑前煮」「するめいかの煮物」などの煮物
・「豚汁」「けんちん汁」などの汁物の具に。

●ブロッコリー
・お弁当の色どりやサラダに。
・茹でて温野菜に。茹でたまごと混ぜても。
・クリームシチューやポトフに。グラタンやカレーにいれても色どりになります。
・エビやイカ、卵白と中華炒めに。

●芽キャベツ
芽のてっぺんに球ができる通常のキャベツとは異なり、葉の根元に生える芽が結球しているものです。
1本に個から数十個ほど実ができるそうです。固くアクがあるので茹でてから使います。
・シチュー、ポトフ、カレー、トマトソース煮。煮込みハンバーグの付け合わせにも。
・スープや汁物の具に。
・野菜グリル、生ハム巻き、塩昆布の和え物、辛子和え。
・バター炒め。ガーリックやアンチョビとの相性もよいので風味をつけてもよさそう。
・味付けの濃いパスタに。

●キャベツ
・野菜炒め・回鍋肉など炒めもの。
・ポトフ、ロールキャベツなど煮込み料理も。
・サラダや浅漬け。そのまま辛味噌をつけたり、蒸してアンチョビソースをかけても美味です。
・お好み焼きに。
・トンカツなどの揚げ物の付け合わせにも。

●レタス(サニーレタス)
・サラダやサンドウィッチの具に。サラダはごま油と醤油の風味がおいしいチョレギサラダがおすすめ。
・サラダはもちろん、炒飯の具や、豚しゃぶの野菜にも。
・焼肉の箸休めに。焼肉を包んでいただいても。

●黒豆
いばきたの北隣、丹波の黒大豆は超高級品。山一つ超えればお手ごろです。煮豆に。
炒って煎じて黒豆茶も美味でヘルシーです。

●米(きぬむすめ)
白くつややかに炊きあがり、特に粘りが強く柔らかく「コシヒカリ」なみにおいしいと評価されています。

●米(あきたこまち)
なんと茨木でも質の良いあきたこまちが収穫できます。
もちもちした食感で、冷めても美味しくいただけます。おにぎり、丼物、カレーにもあいます。

ビバ・マルシェの焼き芋は9月ごろまで夏季休止します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください