新米入荷!茨木えきまえマルシェ#189~いばきたマルシェfrom佐保・アグリファーム佐保

茨木えきまえマルシェレシピさつまいものツル薄揚げ炒めもの
ご来店の方に茨木ショップタウン2階小倉屋の「昆布飴」(「葬式の名人」ラベル)の試食も進呈。
JR茨木昆布小倉屋の昆布飴映画「葬式の名人」応援

第2・4月曜に「準農家マルシェ(仮称)」がスタート。
茨木市・農とみどり推進課の協力で、茨木市内の準農家によるマルシェが始まりました。

いばきた(茨木市北部地域)の中では南寄り、彩都もほど近い佐保地区から5人の生産者さんが野菜を出荷します。「かよぶたoven」のパンマルシェは北海道産の小麦・バター・きび砂糖、亜硝酸Naを使わない無塩せきのベーコン・ソーセージを使ったこだわりのパンや菓子が届きます。


2019年9月20日 アグリファーム佐保の野菜&レシピ

●新米(きぬひかり)
きぬむすめは白くつややかな炊き上がりで、粘りが強く柔らかく「コシヒカリ」なみにおいしいという評価。

●すだち
・大根おろしとともに焼きさんまに。焼き松茸、土瓶蒸しにも。鶏天ぶっかけうどんに。
・餃子、天ぷら、唐揚げのレモン代わりに。焼酎の割り材やお菓子作りに。

●かぼちゃ(栗かぼちゃ・宿儺(すくな)かぼちゃ)
宿儺かぼちゃはヘチマのような形状で、栗かぼちゃと同様にねっとりとした食感です。
・くりぬいて生クリーム・卵を注いで「かぼちゃプリン」。玉ねぎベーコン、マカロニで「かぼちゃグラタン」

●カボチャ(ロロン) 
ラグビーボールに似た独特な形で、上品な甘さとホクホク感と滑らかな舌触りを兼ね備えた食感が特徴。
・煮物やパンプキンサラダに。クリームチーズを混ぜたり、潰し残して食感を楽しむのもアリ。

●バターナッツかぼちゃ
ひょうたんのような形状が特徴。ナッツのような香りもあります。
・グラタン、プリン、ポタージュ、ジャム、マフィンなど洋菓子作りにも。フライや天ぷら、ソテーで。

●里芋
ゆがいてから手で摘まむとツルっと皮が剥けます。火傷にお気を付けください。
・茹でて塩や味噌をつけて。ポテトサラダ、マッシュトポテト、コロッケ
・「煮っころがし」や「鶏肉そぼろあんかけ」。そぼろあんかけは味噌風味でもGood!
・「筑前煮」「するめいかの煮物」などの煮物、「豚汁」などの汁物

●じゃがいも(ホクホク系:キタアカリ、しっとり系:シェリー)
キタアカリは黄色くホクホク感、甘みが特徴。シェリーは皮は赤く、中は淡い黄色のじゃがいも。
・ホクホク系はじゃがバター、粉吹きいも、ポテトサラダ、コロッケ、ポテトフライなど。
・しっとり系はカレーやシチュー、肉じゃがなど煮込み料理に。
茨木えきまえマルシェレシピじゃがいもシェリーのおでん

●つるむらさき
・油との相性がよく炒め物全般。豚肉や人参、きのこなどと炒めても。ゆがいて胡麻和えやお浸しに

●さつまいもの茎
・お砂糖や醤油で甘辛く「きんぴら」に。だしをきかせて煮物や佃煮に。鶏肉・油揚げ・人参を加えても。
・炒めものに。豚肉や牛肉を加えても。 油揚げを加えて炒め煮も。
茨木えきまえマルシェレシピさつまいものツル薄揚げ炒めもの

●なす(千両なす・長なす)
・「マーボーナス」「なすの肉みそ炒め」など。トマトと好相性でトマトソースのパスタや、ラタトゥイユなどにも。
・焼きナス、「ごまあえ」「おひたし」、「天ぷら」のほか、素揚げで塩をつけても

●翡翠なす
翡翠のような緑色のナス。アクや苦味が少なめで軟らかく火を通すとトロトロに。漬物、煮物、焼き物に。
・煮びたし、焼きびたし、焼きナス、田楽なす

●九条ねぎ
・九条ねぎの酢味噌あえ、ぬた。生姜を利かせた京風きつねうどんなどの麺類、冷奴などの薬味に。
・だし巻き卵の具に。きのこや肉、卵などとともに炒め物に。お好み焼きならぬねぎやきに。パスタの具に。

●白ネギ
加熱するとトロトロで甘みが出ます。グリルやねぎまに。鍋の具に。炒飯やみそ汁の具にも。

●ゴーヤ
お浸し、塩漬け。炒めもの。ランチョンミート、豆腐、卵などでゴーヤーチャンプルー。

●きゅうり
・酢の物に。二杯酢でも三杯酢でも。たこ・はも・うなぎ・あなご・はも・ちりめんじゃこなどと。
・千切りキュウリにハムや焼豚と錦糸卵を合わせて、ごま油と醤油で「中華サラダ」に
・豚肉、ツナ、きのこ、たまごなどで「きゅうり炒め物」に。塩味や醤油味のほか、ゆかり味も。
・牛肉ときゅうりのコショウ炒め、ウインナーやベーコンでケチャップ炒め

●オクラ
・ゆがいて、サラダ、お浸し、胡麻和えに。細かく叩いてイカそうめんや、納豆、山芋などと和えても。
・うな丼に添えたり、マグロの山かけにしたり、素麺つゆに混ぜたりも。
・なすや枝豆、冬瓜、えび、高野豆腐とともに「野菜の炊きもの」。
おくらのレシピ(ごまあえ)

●甘長とうがらし
・炒めたり、グリルで焼いたり揚げてから鰹節でおひたし。じゃこや薄揚げと炊きもの。天ぷらやグリル。

●ピーマン
・炒め物全般「野菜炒め」「青椒肉絲」「ピーマン肉詰め」。ちりめんじゃこを甘辛く炒めた「じゃこピーマン」

●いんげん
・ゆがいて「ごま和え」「サラダ」。「てんぷら」「素揚げ」。肉などと炒め物に。醤油炒め、塩炒めなど。
・アスパラ、人参、チーズ、豚肉とともにベーコンや豚肉で巻いてソテーやフライに。

●ミニトマト
・モッツァレラチーズ、バジル、塩、オリーブオイルでサラダ。えびやアサリなど魚介の具で冷製パスタ。
・トマトソース。ひき肉を加えてミートソースにも。鶏肉とセロリのトマト煮込み、トマト卵炒め、トマト卵スープ。

ビバ・マルシェの焼き芋は9月ごろまで夏季休止します。

9月最初は「茨木えきまえマルシェ#186~いばきたマルシェfrom忍頂寺・Farm河野屋」

茨木えきまえマルシェレシピモロッコいんげんなすのカレー炒め

明日は「いばきたマルシェfrom忍頂寺・Farm河野屋」。一足早く、明日入荷する予定の野菜をご紹介します。
茨木えきまえマルシェFarm河野屋忍頂寺野菜

茨木えきまえマルシェ#186~いばきたマルシェfrom忍頂寺・Farm河野屋

忍頂寺の農家・河野さんが、標高約250m、車作の谷でつくる新鮮野菜です。竜王山南側の斜面にある畑は日当たりもよく、水にも恵まれています。昼夜の気温差も大きいため、野菜の成長には最適な環境です。

河野さんはできるだけ珍しい品種の野菜を選び、通常の種まき時期とずらすことで本来はあまり出回らない時期にも出荷しています。

日本海から汲んできた海水をかけて虫よけに使う農薬を減らしたり、トマトは完熟させて収穫することで糖度を上げるなど、農業を専門に学んだ河野さんだけに、生産や収穫の方法には工夫がいっぱい。

2019年9月2日 Farm河野屋の野菜&レシピ

河野さんの新鮮野菜を使って焼き上げた<パンとおやつ>山本さんのパンはお休みです。
茄子やかぼちゃなど秋の野菜が入荷します。

●きゅうり
・野菜スティックやそのまま齧って。味噌、味噌マヨネーズ、梅肉、酢味噌、粗塩など
・サンドウィッチに
・酢の物に。二杯酢でも三杯酢でも。たこ・はも・うなぎ・あなご・はも・ちりめんじゃこなどと。
・千切りキュウリにハムや焼豚と錦糸卵を合わせて、ごま油と醤油で「中華サラダ」に
・鶏むね肉ときゅうりのサラダ。ほぐした蒸鶏と叩いたきゅうりをにんにく・ごま油・塩でもんで。
・牛、豚、ベーコン、ツナ、きのこ、卵などで炒め物。塩味、醤油味、胡椒味、ケチャップ味やゆかり味で。

●ミニトマト(アイコ)
・フレッシュバジル、モッツァレラチーズとともに「トマトサラダ」。塩とオリーブオイルで。
・お酢と砂糖、塩でピクルスに。ローリエやブラックペッパー、ピックペッパーを加えると風味豊かに。
・乾燥させてドライトマトに。トマトソースやパスタの具、ピザのトッピングなどに使えます。
・にんにくの香りをつけたオリーブオイルでアヒージョの具に。
・さっと火を通してから麺つゆに浸けて煮浸しに
・トマトとひき肉でミートソースに。オムライスのソースに。カレーの隠し味に。
・たまねぎ、人参、セロリ、マッシュルームのみじん切りを炒めトマトを加えてトマトソースに。
・トマトの冷製パスタに。えびやアサリなど魚介の具で。大葉や梅肉、ゆかりで和風にも。

●パプリカ
・マリネやピクルスに。あじなどの南蛮漬けでいっしょに酢漬けに。
・焼き野菜。焼き肉の付け合せにも。
・鶏肉や豚肉と炒め物に。肉詰めも。
・玉ねぎ、人参、鶏肉、マッシュルームとともにチキンライスの具に。
・ピザやトーストのトッピングに。

●大根葉
・炒めてごまやジャコを加えて「ふりかけ」に
・さば味噌缶と炒め物に
・ツナと炒め物に
・油炒めしてからごはんに混ぜ込んで混ぜごはんに
・味噌汁の具に
・大根葉のぬか漬け・塩漬け

●プッチーニ
小ぶりな黄色い西洋かぼちゃ。ラップでくるんで2分ほど電子レンジで加熱するだけでも食べられます。
・生クリームや牛乳でポタージュに
・くり抜いてグラタン、肉詰め、かぼちゃプリン。
・ピューレにして、プリンやケーキ、羊羹などスイーツに。
・スライスして素揚げに

●カボチャ
しばらく置いて熟成させると、でんぷんが糖になって甘みが増します。
・パンプキンサラダに。クリームチーズを混ぜたり、潰し残して食感を楽しむのもアリ。
・かぼちゃの煮物。鶏そぼろあんをかけても。
・ソテーやグリルに
・かぼちゃクリームパスタ。つぶしたかぼちゃとクリームシチューの素を混ぜるだけでかぼちゃクリームに。

●長なす
・魚焼きグリルやオーブントースターで皮を焼き、剥いで、かつおぶし・生姜・麺つゆで「焼き茄子」
・茄子の煮浸し、胡麻和え
・ぬか漬けや塩もみして一夜漬け
・半割りなどにした焼きなすに、田楽みそをつけて「田楽なす」
・炒めもの「マーボーナス」「なすの肉みそ炒め」など
・トマトと好相性なのでトマトソースのパスタや、ラタトゥイユなどにも。

●白なす
・焼きなす、なすの田楽
・薄く輪切りにしてチーズ焼き。チーズだけではなくたらこや明太子を載せても。
・揚げ浸し

●みどりなす
・焼きなす、てんぷら。素揚げして、カレーの付け合せや塩でいただいいても。
・煮物。茹でてから冷やして麺つゆやポン酢で冷やしなすに。
・味噌汁の具に。グラタンやパスタの具材に。

5月13日より第2・4月曜に準農家マルシェ(仮称)がスタート
大阪府の準農家制度で就農した準農家の野菜を販売します

残暑に負けるな「茨木えきまえマルシェ#183~いばきたマルシェfrom忍頂寺・Farm河野屋」

茨木えきまえマルシェレシピモロッコいんげんなすのカレー炒め

明日は「いばきたマルシェfrom忍頂寺・Farm河野屋」。一足早く、明日入荷する予定の野菜をご紹介します。
茨木えきまえマルシェFarm河野屋忍頂寺野菜

茨木えきまえマルシェ#183~いばきたマルシェfrom忍頂寺・Farm河野屋

忍頂寺の農家・河野さんが、標高約250m、車作の谷でつくる新鮮野菜です。竜王山南側の斜面にある畑は日当たりもよく、水にも恵まれています。昼夜の気温差も大きいため、野菜の成長には最適な環境です。

河野さんはできるだけ珍しい品種の野菜を選び、通常の種まき時期とずらすことで本来はあまり出回らない時期にも出荷しています。

日本海から汲んできた海水をかけて虫よけに使う農薬を減らしたり、トマトは完熟させて収穫することで糖度を上げるなど、農業を専門に学んだ河野さんだけに、生産や収穫の方法には工夫がいっぱい。

2019年8月19日 Farm河野屋の野菜&レシピ

河野さんの新鮮野菜を使って焼き上げた<パンとおやつ>山本さんのパンは8月中はお休みです。
茄子やかぼちゃなど秋の野菜が入荷します。

●ミニトマト(アイコ)
・フレッシュバジル、モッツァレラチーズとともに「トマトサラダ」。塩とオリーブオイルで。
・お酢と砂糖、塩でピクルスに。ローリエやブラックペッパー、ピックペッパーを加えると風味豊かに。
・乾燥させてドライトマトに。トマトソースやパスタの具、ピザのトッピングなどに使えます。
・にんにくの香りをつけたオリーブオイルでアヒージョの具に。
・さっと火を通してから麺つゆに浸けて煮浸しに
・トマトとひき肉でミートソースに。オムライスのソースに。カレーの隠し味に。
・たまねぎ、人参、セロリ、マッシュルームのみじん切りを炒めトマトを加えてトマトソースに。
・トマトの冷製パスタに。えびやアサリなど魚介の具で。大葉や梅肉、ゆかりで和風にも。

●長なす
・魚焼きグリルやオーブントースターで皮を焼き、剥いで、かつおぶし・生姜・麺つゆで「焼き茄子」
・茄子の煮浸し、胡麻和え
・ぬか漬けや塩もみして一夜漬け
・半割りなどにした焼きなすに、田楽みそをつけて「田楽なす」
・炒めもの「マーボーナス」「なすの肉みそ炒め」など
・トマトと好相性なのでトマトソースのパスタや、ラタトゥイユなどにも。
茨木えきまえマルシェレシピモロッコいんげんなすのカレー炒め

●白なす
・焼きなす、なすの田楽
・薄く輪切りにしてチーズ焼き。チーズだけではなくたらこや明太子を載せても。
・揚げ浸し
茨木えきまえマルシェレシピ焼きなす

●みどりなす
・焼きなす、てんぷら。素揚げして、カレーの付け合せや塩でいただいいても。
・煮物。茹でてから冷やして麺つゆやポン酢で冷やしなすに。
・味噌汁の具に。グラタンやパスタの具材に。

●パプリカ
・マリネやピクルスに。あじなどの南蛮漬けでいっしょに酢漬けに。
・焼き野菜。焼き肉の付け合せにも。
・鶏肉や豚肉と炒め物に。肉詰めも。
・玉ねぎ、人参、鶏肉、マッシュルームとともにチキンライスの具に。

●プッチーニ
小ぶりな黄色い西洋かぼちゃ。
・生クリームや牛乳でポタージュに
・くり抜いてグラタン、肉詰め、かぼちゃプリン。
・ピューレにして、プリンやケーキ、羊羹などスイーツに。
・スライスして素揚げに

●カボチャ
しばらく置いて熟成させると、でんぷんが糖になって甘みが増します。
・パンプキンサラダに。クリームチーズを混ぜたり、潰し残して食感を楽しむのもアリ。
・かぼちゃの煮物。鶏そぼろあんをかけても。
・ソテーやグリルに。
・かぼちゃクリームパスタ。つぶしたかぼちゃとクリームシチューの素を混ぜるだけでかぼちゃクリームに。

●玉ねぎ
・オニオンスライス。スモークサーモンや生ハムを添えても。ピクルス、甘酢漬けにも。
・ツナサラダ、ポテトサラダの具に
・アジのフリッターやスモークサーモンとともに南蛮漬けやマリネに。かつおのたたきの付合せに
・甘みを生かしてすき焼きや肉じゃがに。グリル、焼き野菜・炒め物に。ピザやピザトーストの具に。

●九条ねぎ
・「京風きつねうどん」。細切りの薄揚げと斜め切りの九条ネギ、おろし生姜たっぷりのあんかけだしで。
・九条ねぎの酢味噌あえ、「ぬた」に。青柳などの貝やタコ、ベビー帆立とともに。
・「だし巻き卵」の具に。きのこや肉、卵で炒め物に。
・お好み焼きならぬねぎ焼きに。
・パスタの具に。ハムとみじん切りの九条ネギで混ぜご飯に。

●大葉
・ポン酢と大葉で和風ドレッシングに。お好みでみょうがや梅肉を加えても。
・刺身や冷奴、うなぎ丼、素麺などの薬味に。
・梅肉、ゆずこしょう、じゃこで混ぜご飯や和風パスタにも。
・天ぷら。ちくわ、鶏、豚肉、魚など巻いて天ぷらや唐揚げ、フリッター、ソテーに。チーズや梅風味も。
茨木えきまえマルシェレシピ豚肉大葉チーズ巻きソテー

5月13日より第2・4月曜に準農家マルシェ(仮称)がスタート
大阪府の準農家制度で就農した準農家の野菜を販売します

台風一過の茨木えきまえマルシェ#182~いばきたマルシェfrom佐保・アグリファーム佐保

ご来店の方に茨木ショップタウン2階小倉屋の「昆布飴」(「葬式の名人」ラベル)の試食も進呈。
JR茨木昆布小倉屋の昆布飴映画「葬式の名人」応援

第2・4月曜に「準農家マルシェ(仮称)」がスタート。
茨木市・農とみどり推進課の協力で、茨木市内の準農家によるマルシェが始まりました。

いばきた(茨木市北部地域)の中では南寄り、彩都もほど近い佐保地区から5人の生産者さんが野菜を出荷します。「かよぶたoven」のパンマルシェは臨時休止。

かよぶたovenは台風の影響で臨時休業します。


2019年8月16日 アグリファーム佐保の野菜&レシピ

●かぼちゃ(栗かぼちゃ・ロロン)
・くりぬいて生クリーム・卵を注いで「かぼちゃプリン」。玉ねぎベーコン、マカロニで「かぼちゃグラタン」
・煮物やパンプキンサラダに。クリームチーズを混ぜたり、潰し残して食感を楽しむのもアリ。

●ゴーヤ
お浸し、塩漬け。炒めもの。ランチョンミート、豆腐、卵などでゴーヤーチャンプルー。

●きゅうり
・野菜スティックやそのまま齧って。味噌、味噌マヨネーズ、梅肉、酢味噌、粗塩など
・たこ、はも、うなぎ、あなご、ちりめんじゃこで酢の物。焼豚と錦糸卵に醤油とごま油で中華サラダに。

●枝豆・茶豆
塩ゆででおつまみに。冬瓜とえび、しんじょなどの煮物の具に。枝豆ご飯に。

●オクラ
さっとゆがいて、サラダ、お浸し、胡麻和えに。細かく叩いてイカそうめんや、山芋などと和えても。
おくらのレシピ(ごまあえ)

●モロヘイヤ
硬い軸を除いてゆがき、お浸しに。オクラや山芋とあわせるとネバとろに。細かく刻んで卵スープにも。

●なす(千両なす・長なす) 
・「マーボーナス」「なすの肉みそ炒め」など。トマトと好相性でトマトソースのパスタや、ラタトゥイユなどにも。
茨木えきまえマルシェレシピモロッコいんげんなすのカレー炒め

●翡翠なす
翡翠のような緑色のナス。アクや苦味が少なめで軟らかく火を通すとトロトロに。漬物、煮物、焼き物に。
・煮びたし、焼きびたし、焼きナス、田楽なす

●万願寺とうがらし・伏見甘長とうがらし
・炒めたり、グリルで焼いたり揚げてから鰹節でおひたし。じゃこや薄揚げと炊きもの。天ぷらやグリル。
ししとうとじゃこの甘辛煮

●ピーマン
・炒め物全般「野菜炒め」「青椒肉絲」「じゃこピーマン」、ピーマンに挽き肉を詰めた「ピーマン肉詰め」

●ズッキーニ
・赤玉ねぎやカリフラワー、じゃがいもなどの野菜とともに「グリル」。カレーやパスタの具に

●モロッコいんげん・いんげん
・ゆがいて「ごま和え」「サラダ」。「てんぷら」「素揚げ」。肉などと炒め物に。醤油炒め、塩炒めなど。
・いんげんはアスパラ、人参、チーズ、豚肉やベーコンで巻いてソテーやフライに。

●つるむらさき
・油との相性がよいので炒め物全般に。豚肉や人参、きのこなどと炒めても。
・ゆがいて胡麻和えやお浸しに

●トマト・ミニトマト(甘っこ・アイコ・プレミアムルビー)
・モッツァレラチーズ、バジル、塩、オリーブオイルでサラダ。えびやアサリなど魚介の具で冷製パスタ。
・トマトソース。ひき肉を加えてミートソースにも。鶏肉とセロリのトマト煮込み、トマト卵炒め、トマト卵スープ。

●赤しそ
塩漬けに。梅干に。ふりかけ(ゆかり)に。氷砂糖などのお砂糖、クエン酸を加えて赤しそシロップに。

●大葉
・刺身や冷奴、うなぎ丼、素麺などの薬味に。梅肉、ゆずこしょう、じゃこで混ぜご飯や和風パスタにも。
・天ぷら。ちくわ、鶏、豚肉、魚など巻いて天ぷらや唐揚げ、フリッター、ソテーに。梅風味も。

●九条ねぎ
・九条ねぎの酢味噌あえ、ぬた。生姜を利かせた京風きつねうどんなどの麺類、冷奴などの薬味に。
・だし巻き卵の具に。きのこや肉、卵などとともに炒め物に。お好み焼きならぬねぎやきに。パスタの具に。

●じゃがいも(ホクホク系:キタアカリ・男爵、しっとり系:シェリー・メークイン)
キタアカリは黄色くホクホク感、甘みが特徴。シェリーは皮は赤く、中は淡い黄色のじゃがいも。
・ホクホク系はじゃがバター、粉吹きいも、ポテトサラダ、コロッケ、ポテトフライなど。
・しっとり系はカレーやシチュー、肉じゃがなど煮込み料理に。

●人参
・カレーやシチュー、肉じゃがなど煮込み料理。玉ねぎ・セロリ・マッシュルームと炒めてソースのベースに。
・バーニャカウダやドレッシングでディップして。葉も硬い軸を除いて、油炒めや天ぷらに。

●玉ねぎ・赤玉ねぎ
・オニオンスライス。スモークサーモンや生ハムを添えても。ツナサラダ、ポテトサラダ、ピクルス、甘酢漬け
・アジのフリッターやスモークサーモンとともに南蛮漬けやマリネに。かつおのたたきの付合せに
・甘みを生かしてすき焼きや肉じゃがに。グリル、焼き野菜・炒め物に。ピザやピザトーストの具に。

●米(きぬむすめ)
きぬむすめは白くつややかな炊き上がりで、粘りが強く柔らかく「コシヒカリ」なみにおいしいという評価。

ビバ・マルシェの焼き芋は9月ごろまで夏季休止します。

もう8月「茨木えきまえマルシェ#179~いばきたマルシェfrom忍頂寺・Farm河野屋」

12日準農家マルシェ・16日いばきたマルシェ(アグリファーム佐保)も開催します

明日は「いばきたマルシェfrom忍頂寺・Farm河野屋」。一足早く、明日入荷する予定の野菜をご紹介します。
茨木えきまえマルシェFarm河野屋忍頂寺野菜

茨木えきまえマルシェ#179~いばきたマルシェfrom忍頂寺・Farm河野屋

忍頂寺の農家・河野さんが、標高約250m、車作の谷でつくる新鮮野菜です。竜王山南側の斜面にある畑は日当たりもよく、水にも恵まれています。昼夜の気温差も大きいため、野菜の成長には最適な環境です。

河野さんはできるだけ珍しい品種の野菜を選び、通常の種まき時期とずらすことで本来はあまり出回らない時期にも出荷しています。

日本海から汲んできた海水をかけて虫よけに使う農薬を減らしたり、トマトは完熟させて収穫することで糖度を上げるなど、農業を専門に学んだ河野さんだけに、生産や収穫の方法には工夫がいっぱい。

2019年8月5日 Farm河野屋の野菜&レシピ

河野さんの新鮮野菜を使って焼き上げた<パンとおやつ>山本さんのパンは8月中はお休みです。

●トマト
・フレッシュバジル、モッツァレラチーズとともに「トマトサラダ」。塩とオリーブオイルで。
・オムライスのソースに。カレーの隠し味に。
・たまねぎ、人参、セロリ、マッシュルームのみじん切りを炒めトマトを加えてトマトソースに。
・トマトとひき肉でミートソースに。
・鶏肉とセロリのトマト煮込み。
・卵と相性がよいのでトマト卵炒め、トマト卵スープ。
・トマトの冷製パスタに。えびやアサリなど魚介の具で。大葉や梅肉、ゆかりで和風にも。

●ミニトマト
・ポン酢とみょうが、大葉で和風サラダに。きゅうりやレタス、わかめなどを加えても。お好みで梅肉も。
・お酢と砂糖、塩でピクルスに。ローリエやブラックペッパー、ピックペッパーを加えると風味豊かに。
・乾燥させてドライトマトに。トマトソースやパスタの具、ピザのトッピングなどに使えます。
・にんにくの香りをつけたオリーブオイルでアヒージョの具に。
・さっと火を通してから麺つゆに浸けて煮浸しに

●きゅうり
・みょうがなどとともに素麺の具に。
・冷たい味噌汁とご飯にいりこ、きゅうり、みょうが、大葉をくわえて「冷汁」に。
・ぬか漬けや塩もみやゆかりで一夜漬けに。
・サンドイッチの具に。ぬか漬けのきゅうりを挟んでも美味。
・野菜スティックやそのまま齧って。味噌、味噌マヨネーズ、梅肉、酢味噌、粗塩など
・酢の物に。二杯酢でも三杯酢でも。たこ・はも・うなぎ・あなご・はも・ちりめんじゃこなどと。
・千切りキュウリにハムや焼豚と錦糸卵を合わせて、ごま油と醤油で「中華サラダ」に
・豚肉、ツナ、きのこ、たまごなどで「きゅうり炒め物」に。塩味や醤油味のほか、ゆかり味も。
・牛肉ときゅうりのコショウ炒め、ウインナーやベーコンでケチャップ炒め

●なす
・魚焼きグリルやオーブントースターで皮を焼き、剥いで、かつおぶし・生姜・麺つゆで「焼き茄子」
・茄子の煮浸し、胡麻和え
・ぬか漬けや塩もみして一夜漬け
・半割りなどにした焼きなすに、田楽みそをつけて「田楽なす」
・炒めもの「マーボーナス」「なすの肉みそ炒め」など
・トマトと好相性なのでトマトソースのパスタや、ラタトゥイユなどにも。
・天ぷら、串揚げに。素揚げして、カレーの付け合せや塩でいただいいても。
茨木えきまえマルシェレシピ焼きなす

●カボチャ
しばらく置いて熟成させると、でんぷんが糖になって甘みが増します。
・パンプキンサラダに。クリームチーズを混ぜたり、潰し残して食感を楽しむのもアリ。
・かぼちゃのポタージュ
・かぼちゃの煮物。鶏そぼろあんをかけても。
・ピューレ状にして、プリンやケーキ、羊羹などスイーツの材料にも。
・ソテーやグリルに。
・くりぬいてグラタンに。グラタンのソースはカボチャ風味にしてもGood。
・かぼちゃクリームパスタ。つぶしたかぼちゃとクリームシチューの素を混ぜるだけでかぼちゃクリームに。

●ズッキーニ
・ナスなど夏野菜とともに「グリル」。
・素揚げや衣をつけてフライにしても。肉やベーコンを挟んだり、巻いても美味。
・カレーやパスタの具に。トマトソースとの相性がいいのでトマトシーフードパスタなども。
・アンチョビともあうので、炒めものなどに。マヨネーズ炒め。ツナや豚肉、ベーコンを加えても。
・トマトとチーズを載せてトマトチーズ焼き。

●ピーマン
・焼き野菜。焼き肉の付け合せにも。
・細かめのパン粉の衣をつけて串揚げに。てんぷらにも。
・炒め物全般「野菜炒め」「青椒肉絲」
・ピーマンに挽き肉を詰めた「ピーマン肉詰め」
・ピーマンとちりめんじゃこを甘辛く炒めた「じゃこピーマン」
・玉ねぎ、人参、鶏肉、マッシュルームとともにチキンライスの具に。
じゃこピーマン

5月13日より第2・4月曜に準農家マルシェ(仮称)がスタート
大阪府の準農家制度で就農した準農家の野菜を販売します

明日は冬至。南瓜と柚子もある「茨木えきまえマルシェ#124~いばきたマルシェfrom佐保・アグリファーム佐保」

12月22日は冬至。かぼちゃとゆずも入荷します。いばきた(茨木市北部地域)の中では南寄り、彩都もほど近い佐保地区から5人の生産者さんが野菜を出荷します。


2018年12月21日 アグリファーム佐保の野菜&レシピ

●カボチャ
冬至にはかぼちゃの料理をいただきましょう。中風(脳卒中)や風邪を封じるとされます。
・煮物、粒あんやゆで小豆とともにいとこ煮もいおすすめ。
・パンプキンサラダ、カボチャコロッケ、カボチャのグリル、みそ汁の具、パンプキンクリームシチューなど。
・プリンやケーキ、タルトなどのデザートも。

●カボチャ(ピーナッツ南京)
別名はバターナッツかぼちゃ。クリーミーでねっとりとした食感と濃厚な味わいが特徴。
・ポタージュやカボチャサラダに。ソテーやグリルに。下の部分をくりぬいてグラタンに。
・煮物やパンプキンサラダに。クリームチーズを混ぜたり、潰し残して食感を楽しむのもアリ。

●ゆず
冬至にゆずを浮かべたゆず湯に入るのは、丈夫な柚子の樹にあやかったようです。
皮をそぎ切りにして薬味に。ふろふき大根にゆず味噌をかけて。蜂蜜で漬けて韓国の「ゆず茶」にも。

●白菜
・鍋物に。豚肉や鶏肉で「ピエンロー鍋」。 ベーコンやキノコと炒めものにも。クリームシチューも。
・厚揚げや油揚げと炊いて。ぶなしめじや舞茸を加えてもよいでしょう。

●オレンジ白菜
芯葉が鮮やかなオレンジ色です。青臭さが少なく、芯葉には甘みがあり、サラダ等生食にも適しています。
通常のハクサイにはないシスリコピンを含みます。シスリコピンはリコピンより体内に吸収されやすいとか。
・かつお節醬油や、胡麻ドレッシング、黒酢ドレッシングなどで「白菜サラダ」
・ベーコンとともに「白菜ステーキ」や、「白菜ベーコンクリーム煮」

●水菜・春菊
・鍋物に。春菊は香りをいかしてお浸し・水菜はシャキシャキ食感をいかしてサラダに。
・水菜は薄揚げと「水菜のたいたん」に。春菊はベーコン炒めも。

●壬生菜(みぶな)
・浅漬け、おひたし。ツナサラダ。薄揚げと炒め物に。

●原木しいたけ
ほだ木で自然栽培した椎茸です。おがくずで人工栽培した菌床しいたけとは風味・肉の厚みが違います。
・グリルで焼しいたけ。ひっくり返して醤油を垂らして。すだちとも好相性です。
・すき焼きやうどんすきなど鍋物の具に。天ぷらに。肉詰めやエビのすり身詰めのフライも。

●九条ねぎ
・「京風きつねうどん」。細切りの薄揚げと斜め切りの九条ネギ、おろし生姜たっぷりのあんかけだしで。
・九条ねぎの酢味噌あえ、ぬた。「だし巻き卵の具」に。きのこや肉、卵で炒め物に。パスタの具材にも。

●白ねぎ
・グリルにしたり、焼き鳥の串に刺したり。白い部分を加熱するとトロトロで甘みが出ます。
・すき焼きやしゃぶしゃぶなど鍋の具に。炒飯やみそ汁の具にも。

●大根
・鍋の具。かす汁も美味しい季節。「みぞれ鍋」、「じゃこおろし」。
・煮物全般に。豚肉・鶏肉やゆで卵と甘辛く煮て。ぶり大根もおすすめ。

●かぶら
・薄切りにして甘酢漬けに。炊きもので鶏そぼろあんかけに。「鶏肉クリーム煮」いかと「炊き合わせ」にも。

●新米(きぬむすめ)
白くつややかに炊きあがり、特に粘りが強く柔らかく「コシヒカリ」なみにおいしいと評価されています。

●新米(ヒノヒカリ)
小さめでも食べ応えじゅうぶん。味もコシヒカリに匹敵。
炊き加減を調整しやすいので硬めに炊けば炒飯に。ベシャベシャしにくいので丼物、カレーにもあいます。

●里芋
・茹でて塩や味噌で。「煮っころがし」「鶏肉そぼろあんかけ」。そぼろあんかけは味噌風味でもGood!
・「筑前煮」「するめいかの煮物」などの煮物、「豚汁」などの汁物

●スナップえんどう
・軽くゆがいて辛子マヨネーズにディップして。サラダにも。
・いかやエビなどと炒め物にも。ミックスシーフードと炒めてもOK。

●虹色菜(スイスチャード)
ほうれんそうのように使えます。油で炒めるとおいしくいただけます。茎はシャキシャキ感を活かして。
・おひたし、味噌汁の具に。ソテーや野菜炒めなど炒め物に。他の果物や野菜とともに「スムージー」

●カリフラワー・ブロッコリー
・茹でて温野菜に。茹でたまごと混ぜても。
・クリームシチューやポトフに。グラタンやカレーにいれても色どりになります。
・エビやイカ、卵白と中華炒めに。

●キャベツ
・野菜炒め・回鍋肉など炒めもの、ポトフ、ロールキャベツなど煮込み料理も。
・サラダや浅漬け。そのまま辛味噌をつけたり、蒸してアンチョビソースをかけても美味です。
・お好み焼きに。トンカツなどの揚げ物の付け合わせにも。

●チンゲン菜
・炒めもの全般。ゆでて中華料理の付け合せに。担々麺の具にも。

●レタス(玉レタス・サニーレタス)
・サラダやサンドウィッチの具に。サラダはごま油と醤油の風味がおいしいチョレギサラダがおすすめ。
・サラダはもちろん、炒飯の具や、豚しゃぶの野菜にも。焼肉の箸休めに。焼肉を包んでいただいても。

●ほうれんそう
・お浸しや胡麻和えに、カリカリベーコンやサウザンドアイランドドレッシングなどともにサラダに。
・豚肉とともに「常夜鍋」。ポン酢でいただきます。
・旬の牡蠣とともに、ほうれんそう入り牡蠣グラタンに
・ベーコンやコーンとともにバターソテー。

●黒豆
いばきたの北隣、丹波の黒大豆は超高級品。山一つ超えればお手ごろです。お正月の煮豆に。

ビバ・マルシェの焼き芋は9月ごろまで夏季休止します。

明日は5ヶ月ぶり復活「いばきたマルシェfrom忍頂寺・Farm河野屋」

明日は7月以来ほぼ5ヶ月ぶりのいばきたマルシェfrom忍頂寺・Farm河野屋です。

地震や猛暑、台風の影響で出荷ができない状態が続いていましたが、ようやく秋蒔きの野菜が収穫できるようになってきました。

いち早く明日入荷予定の野菜を、レシピとともにご紹介します。


茨木えきまえマルシェ#123~いばきたマルシェfrom忍頂寺・Farm河野屋

忍頂寺の農家・河野さんが、標高約250m、車作の谷でつくる新鮮野菜です。竜王山南側の斜面にある畑は日当たりもよく、水にも恵まれています。昼夜の気温差も大きいため、野菜の成長には最適な環境です。
河野さんはできるだけ珍しい品種の野菜を選び、通常の種まき時期とずらすことで本来はあまり出回らない時期にも出荷しています。
日本海から汲んできた海水をかけて虫よけに使う農薬を減らしたり、トマトは完熟させて収穫することで糖度を上げるなど、農業を専門に学んだ河野さんだけに、生産や収穫の方法には工夫がいっぱい。

2018年12月17日 Farm河野屋の野菜&レシピ

●大根
本来は冬が旬の根菜です。おろしやスライスなど生から煮物、さらにはステーキなども。
・拍子木切りにして「野菜スティック」、細切りでマヨネーズとあえて「サラダ」にも
・「大根おろし」で焼き魚の「薬味」、「じゃこおろし」や「みぞれ鍋」も
・大根おろしとポン酢の相性も抜群。「ハンバーグソース」「鉄板焼き」のたれなど
・「おでん」「ぶり大根」「煮物」、銀杏切りで鍋物の具にも
・肉との相性もいいので炒め煮にして「豚バラ大根」「鶏もも大根」も

●かぶ
煮物や漬物におすすめ。豚肉や鶏肉との相性もよいので炒め物も。
・「ポトフ」「クリームシチュー」「野菜の炊き合わせ」などの煮物に、油揚げともに味噌汁の具に
・やわらかく炊いて、鶏ひきにくのそぼろあんかけに、豚バラ肉やベーコンとともに炒め物に
・薄切りにして塩もみしたり、甘酢に漬けて漬物に

●丸大根
京野菜の「聖護院大根」と同じ系統の大根です。柔らかいのに煮崩れしにくく、煮込み料理に向いています。長大根のような辛味がなくみずみずしいのでスティックサラダや、お漬物やピクルスにも適しています。
・甘酢漬け、浅漬け
・豚肉との相性がよいようです「豚バラ大根煮」油揚げやがんもどきと共に煮物に
・あっさり甘辛く煮てから鶏ひき肉のそぼろをかけまわして「丸大根のそぼろあんかけ」
・大根ステーキ(バター醤油・チーズ・カレー粉の洋風、だし・みりん・醤油・砂糖・味噌・ごま油の和風)

●金時にんじん
鋭くとがった根が鮮やかな紅色の人参です。京人参とも。煮崩れしにくく、おせちのお煮しめにも。
・飾り切りして「梅人参」にしてお煮しめに。京都の白みそ仕立てのお雑煮の具にも。

●ニンジン
常備しておきたい根物野菜の定番。カレーやシチュー、肉じゃがなど煮込み料理に。
・バーニャカウダやドレッシングでディップして
・玉ねぎ・セロリ・マッシュルーム一緒に刻んで炒めるといろんなソースのベースに

●ほうれんそう
冬が旬のほうれんそう。茹でたり、炒めたりして熱を通していただくのがおすすめ。
・おひたし、味噌汁の具、常夜鍋(豚肉)の具
・ソテーやベーコン・卵と炒めものにして

●太っ子ネギ
下仁田ネギのように太めで、根元の軟白部分は短めも、柔らかく緻密で風味抜群。生も加熱も美味。
熱を通すと甘さやトロトロ感も出て絶品。焼きネギは素材の持ち味をそのまま味わえます。青いところを残すため根元に土を盛らずに育てています。
・かぶ、玉ねぎ、人参、スライスしたカボチャなどと一緒に「野菜のグリル」
・「すき焼き」「海鮮鍋」「しゃぶしゃぶ」「うどんすき」など鍋物の具材に
・焼き鳥や煮魚の添え物に
●葉玉ねぎ
時期をずらして育てた「新玉ねぎ」なので辛み控えめ。長く伸びる葉っぱはふつうのネギのように使えます。
河野さんによるとすき焼きに入れるのが一番おいしい食べ方。熱を通すとトロトロで甘みが出ます。
・水にさらして「オニオンスライス」やサラダのトッピングに、丸ごとスープで煮て「玉ねぎのスープ煮」
●水菜
シャキシャキでサラダに最適。もちろん鍋に入れてもGood!
・カリカリのじゃこや細切りの大根と和えて「和風サラダ」に。トッピングは海苔で。
・からすみやたらこをバターで和えて、水菜をトッピングしたパスタ。
●春菊
春に花をつけるキク科の野菜。独特の香りをもち、火を通すと葉にほろ苦さが出てきます。
鍋物のほかサラダにも。ツナ缶との相性も良く和え物にしてもよいそうです。
・「すき焼き」や「しゃぶしゃぶ」など鍋物の具に、「春菊天」。温かいそばに載せツユに浸して
・かつお節やすりごまで「おひたし」や「ごまあえ」
・茹でた春菊をつぶした豆腐や細切りのこんにゃくや人参と和えて甘辛く味付けした「しらあえ」
●オレンジ白菜
芯葉はオレンジ色を帯びた白菜です。甘みが強く柔らかいのでサラダなど生食にも。
シスリコピンという吸収されやすいリコピンの含有量が多くなっています。
・定番「鍋物」の具に。厚揚げといっしょに「炊き合わせ」、ベーコンなどと「クリーム煮」
・豚肉と中華風の炒め物に。ヤングコーンやパプリカ・ウズラ卵を加えて「八宝菜」にも
・半分に切って焼き目をつけて「白菜ステーキ」。かつお節と醬油、ガーリックバターなどの味付けも。
・ザクザク刻んで「白菜サラダ」に。ポン酢をかけたり、クルトンやカリカリベーコンをトッピングして洋風でも。

●オレンジ白菜の浅漬け
外側の葉が傷んだりした白菜を河野さんが塩漬けしました。オレンジ白菜だから歯切れがよくやわらか。
傷んだ部分は丁寧に取り除いているので、とてもきれいなお漬物です。塩分3%なのでとてもあっさり。
温度が高いと乳酸発酵が進み、徐々に酸味が出ます。古漬けがお好みの方は少し置いてみてください。

12月最初のマルシェは「茨木えきまえマルシェ#120~いばきたマルシェfrom佐保・アグリファーム佐保」

本日は12月最初の茨木えきまえマルシェ。アグリファーム佐保による「いばきたマルシェ」。鍋物用野菜のほかキャベツなど冬の葉物が出揃ってきました。


茨木えきまえマルシェ#113~いばきたマルシェfrom佐保・アグリファーム佐保

いばきた(茨木市北部地域)の中では南寄り、彩都もほど近い佐保地区から5人の生産者さんが野菜を出荷します。冬の葉物野菜が出揃ってきました。

2018年11月16日 アグリファーム佐保の野菜&レシピ

●白菜
・鍋物に。豚肉や鶏肉で「ピエンロー鍋」。 ベーコンやキノコと炒めものにも。クリームシチューも。

●水菜・春菊
・鍋物に。春菊は香りをいかしてお浸し・水菜はシャキシャキ食感をいかしてサラダに。
・水菜は薄揚げと「水菜のたいたん」に。春菊はベーコン炒めも。

●壬生菜(みぶな)
・浅漬け、おひたし。ツナサラダ。薄揚げと炒め物に。

●原木しいたけ
ほだ木で自然栽培した椎茸です。おがくずで人工栽培した菌床しいたけとは風味・肉の厚みが違います。
・グリルで焼しいたけ。ひっくり返して醤油を垂らして。すだちとも好相性です。
・すき焼きやうどんすきなど鍋物の具に。天ぷらに。肉詰めやエビのすり身詰めのフライも。

●九条ねぎ
・「京風きつねうどん」。細切りの薄揚げと斜め切りの九条ネギ、おろし生姜たっぷりのあんかけだしで。
・九条ねぎの酢味噌あえ、ぬた。「だし巻き卵の具」に。きのこや肉、卵で炒め物に。パスタの具材にも。

●大根
・鍋の具。かす汁も美味しい季節。「みぞれ鍋」、「じゃこおろし」。豚肉・鶏肉やゆで卵と甘辛く煮て。

●かぶら
・薄切りにして甘酢漬けに。炊きもので鶏そぼろあんかけに。「鶏肉クリーム煮」いかと「炊き合わせ」にも。

●ゆず
皮をそぎ切りにして薬味に。ふろふき大根にゆず味噌をかけて。蜂蜜で漬けてゆず湯にも。

●新米(きぬむすめ)
白くつややかに炊きあがり、特に粘りが強く柔らかく「コシヒカリ」なみにおいしいと評価されています。

●新米(ヒノヒカリ)
小さめでも食べ応えじゅうぶん。 味もコシヒカリに匹敵。硬めに炊けば炒飯に。丼物、カレーにもあいます。

●里芋
・茹でて塩や味噌で。「煮っころがし」「鶏肉そぼろあんかけ」。そぼろあんかけは味噌風味でもGood!
・「筑前煮」「するめいかの煮物」などの煮物、「豚汁」などの汁物

●スナップえんどう
・軽くゆがいて辛子マヨネーズにディップして。サラダにも。いかやエビなどと炒め物にも。

●カボチャ(ピーナッツ南京)
別名はバターナッツかぼちゃ。クリーミーでねっとりとした食感と濃厚な味わいが特徴。
・ポタージュやカボチャサラダに。ソテーやグリルに。下の部分をくりぬいてグラタンに。
・煮物やパンプキンサラダに。クリームチーズを混ぜたり、潰し残して食感を楽しむのもアリ。

●はやとうり(隼人瓜)
・下茹でして炒めものや漬物など。スープや味噌汁の具に。

●虹色菜(スイスチャード)
ほうれんそうのように使えます。油で炒めるとおいしくいただけます。茎はシャキシャキ感を活かして。
・おひたし、味噌汁の具に。ソテーや野菜炒めなど炒め物に。他の果物や野菜とともに「スムージー」

●カリフラワー・ブロッコリー
・茹でて温野菜に。茹でたまごと混ぜても。クリームシチューやポトフに。エビやイカ、卵白と中華炒めに。

●キャベツ
・野菜炒め・回鍋肉など炒めもの、ポトフ、ロールキャベツなど煮込み料理も。サラダやお好み焼きも。

●チンゲン菜
・炒めもの全般。ゆでて中華料理の付け合せに。担々麺の具にも。

●レタス(玉レタス・サニーレタス)
・サラダやサンドウィッチの具に。サラダはごま油と醤油の風味がおいしいチョレギサラダがおすすめ。
・サラダはもちろん、炒飯の具や、豚しゃぶの野菜にも。焼肉の箸休めに。焼肉を包んでいただいても。

●ししとう(万願寺とうがらし)
・炒めたり、グリルで焼いて鰹節でおひたしに
・じゃこや薄揚げなどで炊きもの。天ぷらやグリルに、焼きびたしや揚げびたしも

●ピーマン
・炒め物全般「野菜炒め」「じゃこピーマン」「青椒肉絲」、ピーマンに挽き肉を詰めた「ピーマン肉詰め」

●みかん
・炬燵に常備してそのままいただくのもよし、ジャムやジュースにも。

ビバ・マルシェの焼き芋は9月ごろまで夏季休止します。

今夜は鍋で決まり!?本日は茨木えきまえマルシェ#116~いばきたマルシェfrom佐保「アグリファーム佐保」

本日の茨木えきまえマルシェは、アグリファーム佐保による「いばきたマルシェ」。冬の野菜が出てきて今夜は鍋で決まりかも。


茨木えきまえマルシェ#113~いばきたマルシェfrom佐保・アグリファーム佐保

いばきた(茨木市北部地域)の中では南寄り、彩都もほど近い佐保地区から5人の生産者さんが野菜を出荷します。白菜や水菜など鍋物が恋しい季節にうれしい冬の葉物野菜もいよいよ入荷。

2018年11月16日 アグリファーム佐保の野菜&レシピ

●白菜
・鍋物に。豚肉や鶏肉で「ピエンロー鍋」。 ベーコンやキノコと炒めものにも。クリームシチューも。

●水菜
・鍋物やサラダに。薄揚げやしめじで「水菜のたいたん」に。

●原木しいたけ
ほだ木で自然栽培した椎茸です。おがくずで人工栽培した菌床しいたけとは風味・肉の厚みが違います。
・グリルで焼しいたけ。ひっくり返して醤油を垂らして。すだちとも好相性です。
・すき焼きやうどんすきなど鍋物の具に。天ぷらに。肉詰めやエビのすり身詰めのフライも。

●九条ねぎ
・「京風きつねうどん」。細切りの薄揚げと斜め切りの九条ネギ、おろし生姜たっぷりのあんかけだしで。
・九条ねぎの酢味噌あえ、ぬた。「だし巻き卵の具」に。きのこや肉、卵で炒め物に。パスタの具材にも。

●大根
拍子木切り、いちょう切りで鍋の具に。ゆで卵や豚肉などと甘辛く煮ても絶品。

●新米(きぬむすめ)
白くつややかに炊きあがり、特に粘りが強く柔らかく「コシヒカリ」なみにおいしいと評価されています。

●新米(ヒノヒカリ)
小さめでも食べ応えじゅうぶん。 味もコシヒカリに匹敵。硬めに炊けば炒飯に。丼物、カレーにもあいます。

●枝豆(黒豆)
黒豆(黒大豆)の枝豆。丹波と隣り合せのいばきただけに味も期待できそう。定番の茹で枝豆が美味。

●なめこ
甘辛く佃煮に。鍋物にも。

●さつまいも(鳴門金時)
・焼きいも、蒸し芋でおやつに。きんとんやスイートポテトなどスイーツに。
・「天ぷら」や「鉄板焼き」に。甘辛く煮物に。豚汁やけんちん汁の具にもおすすめ。

●里芋
・茹でて塩や味噌で。「煮っころがし」「鶏肉そぼろあんかけ」。そぼろあんかけは味噌風味でもGood!
・「筑前煮」「するめいかの煮物」などの煮物、「豚汁」などの汁物

●いんげん
・「ごまあえ」や茹でてサラダに。辛子マヨネーズとの相性もGood!
・油炒めに。豚肉やベーコンなどと炒めても美味しくいただけます。肉じゃがなど煮物料理の色どりにも。
●スナップえんどう
・軽くゆがいて辛子マヨネーズにディップして。サラダにも。いかやエビなどと炒め物にも。

●カボチャ(鶴首かぼちゃ・ロロン)
・ポタージュやカボチャサラダに。ピューレで、プリンやケーキ、羊羹などスイーツの材料にも。
・ソテーやグリルに。下の部分をくりぬいてグラタンに。グラタンのソースはカボチャ風味してもGood。
・煮物やパンプキンサラダに。クリームチーズを混ぜたり、潰し残して食感を楽しむのもアリ。

●なす(千両なす)
・「マーボーナス」「なすの肉みそ炒め」など。トマトと好相性でトマトソースのパスタや、ラタトゥイユなどにも。

●はやとうり(隼人瓜)
・下茹でして炒めものや漬物など。スープや味噌汁の具に。

●カリフラワー
・茹でて温野菜に。エビやイカ、卵白と中華炒めに。

●キャベツ
・野菜炒め・回鍋肉など炒めもの、ポトフ、ロールキャベツなど煮込み料理も。サラダやお好み焼きも。

●チンゲン菜
・炒めもの全般。ゆでて中華料理の付け合せに。担々麺の具にも。

●レタス(玉レタス・サニーレタス)
・サラダやサンドウィッチの具に。サラダはごま油と醤油の風味がおいしいチョレギサラダがおすすめ。
・サラダはもちろん、炒飯の具や、豚しゃぶの野菜にも。焼肉の箸休めに。焼肉を包んでいただいても。

●ししとう(伏見甘長・万願寺とうがらし)
・炒めたり、グリルで焼いてから鰹節でおひたしに
・じゃこや薄揚げなどで炊きもの。天ぷらやグリルに、焼きびたしや揚げびたしも

●ピーマン
・炒め物全般「野菜炒め」「じゃこピーマン」「青椒肉絲」、ピーマンに挽き肉を詰めた「ピーマン肉詰め」

●柿(富有柿)
岐阜県原産の甘柿。果肉は詰まっていてとろけるような柔らかさ。果汁も多く甘みがあります。

ビバ・マルシェの焼き芋は9月ごろまで夏季休止します。

秋満喫!明日は茨木えきまえマルシェ#113~いばきたマルシェfrom佐保「アグリファーム佐保」

茨木市産黒豆(黒大豆)の枝豆

いよいよ11月。明日の茨木えきまえマルシェは、アグリファーム佐保による「いばきたマルシェ」。明日も珍しい秋の野菜が届きます。


茨木えきまえマルシェ#113~いばきたマルシェfrom佐保・アグリファーム佐保

いばきた(茨木市北部地域)の中では南寄り、彩都もほど近い佐保地区から5人の生産者さんが野菜を出荷します。キヌムスメやヒノヒカリの新米も入荷。秋野菜盛りだくさんで秋を満喫できそうです。

2018年11月2日 アグリファーム佐保の野菜&レシピ

●新米(きぬむすめ)
温暖な西日本でも美味しく栽培できるよう開発された品種です。大阪府の栽培推奨品種です。
白くつややかに炊きあがり、特に粘りが強く柔らかく「コシヒカリ」なみにおいしいと評価されています。
おかずとして炊きたてアツアツでいただくのがおすすめ。

●新米(ヒノヒカリ)
宮﨑で開発された品種。粒は丸みがあり、コシヒカリより小さめですが厚みがあり食べ応えじゅうぶん。
味もコシヒカリに匹敵します。水加減や炊きかたをどのように調整しても美味しく炊ける万能選手です。
硬めに炊けば炒飯にも。水分でベシャっとしにくいので、丼物、カレーにもあいます。
茨木ショップタウン地下のカレー専門店「タシモリカレー」でもヒノヒカリ(他県産)を使用しています。

●枝豆(黒豆)
黒豆(黒大豆)の枝豆。丹波と隣り合せのいばきただけに味も期待できそう。定番の茹で枝豆が美味。
茨木市産黒豆(黒大豆)の枝豆

●すだち
爽やかな酸味と青みがかった香りが、秋の食材の風味を引き立てます。
・大根おろしとともに焼きさんまの付け合わせ。松茸の付け合わせに。焼き松茸、土瓶蒸しにも。
・鶏天ぶっかけうどんに。天ぷらや唐揚げのレモン代わりにも。焼酎の割り材、お菓子作りにも。

●原木しいたけ
ほだ木で自然栽培した椎茸です。おがくずで人工栽培した菌床しいたけとは風味・肉の厚みが違います。
・グリルで焼しいたけ。ひっくり返して醤油を垂らして。すだちとも好相性です。
・すき焼きやうどんすきなど鍋物の具に。天ぷらに。肉詰めやエビのすり身詰めのフライも。

●いちじく
生はもちろん、ジャムに。塩味とも意外にあうので、生ハムやクリームチーズとともにサラダにも。

●柿(富有柿)
岐阜県原産の甘柿。果肉は詰まっていてとろけるような柔らかさ。果汁も多く甘みがあります。

●さつまいも(鳴門金時)
ホクホクで甘みの強いさつまいも。「栗のよう」ともいわれます。
・焼きいも、蒸し芋でおやつに。きんとんやスイートポテトなどスイーツに。
・「天ぷら」や「鉄板焼き」に。甘辛く煮物に。豚汁やけんちん汁の具にもおすすめ。

●里芋
粘りのある小さな芋です。ゆがいてから手で摘まむとツルっと皮が剥けます。火傷にお気を付けください。
・茹でて塩や味噌で。「煮っころがし」「鶏肉そぼろあんかけ」。そぼろあんかけは味噌風味でもGood!
・「筑前煮」「するめいかの煮物」などの煮物、「豚汁」などの汁物
・ジャガイモ代わりに「ポテトサラダ」、「マッシュトポテト」、衣をつけて「コロッケ」

●カボチャ(鶴首かぼちゃ)
細長く、首の部分が鶴の首に似ています。
・とても濃厚な味わいで繊維質が少ないので、ポタージュやカボチャサラダに。
・ピューレ状にして、プリンやケーキ、羊羹などスイーツの材料にも。
・ソテーやグリルに。下の部分をくりぬいてグラタンに。グラタンのソースはカボチャ風味してもGood。

●カボチャ(ロロン) 
ラグビーボールに似た独特な形で、上品な甘さとホクホク感と滑らかな舌触りを兼ね備えた食感が特徴。
・煮物やパンプキンサラダに。クリームチーズを混ぜたり、潰し残して食感を楽しむのもアリ。

●なす(千両なす)
・「マーボーナス」「なすの肉みそ炒め」など。トマトと好相性でトマトソースのパスタや、ラタトゥイユなどにも。

●九条ねぎ
葉の内側にぬめりがあり、軟らかく甘みがあります。
・「京風きつねうどん」。細切りの薄揚げと斜め切りの九条ネギ、おろし生姜たっぷりのあんかけだしで。
・九条ねぎの酢味噌あえ、ぬた
・「だし巻き卵の具」に。きのこや肉、卵などとともに炒め物に。パスタの具材にも。

●ゴーヤ
・ゆがいて「おひたし」。ゴーヤーチャンプルーなどの炒め物も。

●きゅうり
・酢の物に。二杯酢でも三杯酢でも。たこ・はも・うなぎ・あなご・はも・ちりめんじゃこなどと。
・千切りキュウリにハムや焼豚と錦糸卵を合わせて、ごま油と醤油で「中華サラダ」に
・豚肉、ツナ、きのこ、たまごなどで「きゅうり炒め物」に。塩味や醤油味のほか、ゆかり味も。
・牛肉ときゅうりのコショウ炒め、ウインナーやベーコンでケチャップ炒め

●玉レタス
・サラダはもちろん、炒飯の具や、豚しゃぶの野菜にも。

●サニーレタス
・サラダやサンドウィッチの具に。サラダはごま油と醤油の風味がおいしいチョレギサラダがおすすめ。
・焼肉の箸休めに。焼肉を包んでいただいても。

●オクラ(五角オクラ、丸オクラ)
・ゆがいて「おひたし」や「ごまあえ」「ポン酢あえ」
・「オクラ納豆」「山芋オクラ」。うな丼に添えたり、マグロの山かけにしたり、素麺つゆに混ぜたりも。
・なすや枝豆、冬瓜、えび、高野豆腐とともに「野菜の炊きもの」。

●いんげん
・「ごまあえ」や茹でてサラダに。辛子マヨネーズとの相性もGood!
・油炒めに。豚肉やベーコンなどと炒めても美味しくいただけます。肉じゃがなど煮物料理の色どりにも。

●スナップえんどう
アメリカ原産の比較的新しい品種です。熟しても鞘が柔らかく丸ごといただける豆です。
シャキシャキ食感、甘み、ほろ苦さを楽しめます。加熱は控えめにするのが美味しくいただくコツ。
・軽くゆがいて辛子マヨネーズにディップして。サラダにも。いかやエビなどと炒め物にも。

●ししとう(万願寺とうがらし)
細長い伏見甘長とうがらしを外来種と交配したのが万願寺です。伏見甘長に比べ万願寺は太くて甘め。
・炒めたり、グリルで焼いてから鰹節でおひたしに
・じゃこや薄揚げなどで炊きもの。天ぷらやグリルに、焼きびたしや揚げびたしも

●ピーマン
・炒め物全般「野菜炒め」「青椒肉絲」、ピーマンに挽き肉を詰めた「ピーマン肉詰め」
・ピーマンとちりめんじゃこを甘辛く炒めた「じゃこピーマン」

ビバ・マルシェの焼き芋は9月ごろまで夏季休止します。