茨木えきまえマルシェ#158~いばきたマルシェfrom佐保・アグリファーム佐保

5月19日(日)「いばらき×立命館DAY2019」に「いばきたマルシェ」出店

いばきた(茨木市北部地域)の中では南寄り、彩都もほど近い佐保地区から5人の生産者さんが野菜を出荷します。「かよぶたoven」のパンマルシェも同時開催。

かよぶたovenの身体にうれしいパンや焼き菓子も届きます。ベーコンやソーセージも、亜硝酸ナトリウムが入っていない「無塩せき」のものに切り替わってますます身体が喜ぶパンです。
茨木えきまえマルシェパン屋かよぶたovenパン


2019年5月17日 アグリファーム佐保の野菜&レシピ

半袖の季節になりました。蕗、うどなど野趣あふれる山野菜や豆類など初夏の野菜も届きます。

茨木えきまえマルシェ独活うど
●うど
5㎝くらいの長さに切って、短冊や千切りにして酢水に5分から10分ほど漬ければ使えます。
・わかめと酢の物や酢味噌和え、梅肉和え、サラダ
・てんぷら
・きんぴらなど炒め物、絹さやや蕗などとともに煮物に。

●山蕗・水蕗
アク抜きが必要です。茎と葉を切って、まな板の上で塩をかけて押し転がす「板ずり」で。
塩を落とさず茹でてから冷水につけて皮を取ります。さらに水につけておくとアクが抜けきります。
・牛肉など肉と炒め物に。
・絹さやや高野豆腐であっさりと煮物に。豚肉やさつま揚げとコッテリと煮てもいけます。
・きゃらぶきなど、佃煮や砂糖煮に

●絹さや
・肉じゃがなど煮物のいろどりに。蕗や高野豆腐とたき合わせても。
・胡麻和えやカニカマのマヨネーズ和えも。
・卵とじや卵炒め、肉やえび・いか等の魚介、じゃがいも、ニンジンとともに炒め物に

●実えんどう
・砂糖と醤油で甘辛く卵とじに
・料理酒と塩で豆ごはんに。お好みでみりんを加えて甘めにも。
・ピラフやチキンライスの色どりに。

●スナップエンドウ
・ゆがいて辛子マヨネーズで。
・茹で卵やえび、アボカドなどとマヨネーズサラダにも。
・さっと素揚げして塩で。海の幸やベーコンとともに炒め物に。

●玉レタス
・サラダに、ハンバーガーやサンドウィッチに
・卵スープの具材、スナップエンドウとベーコンの炒め物
・鮭や焼豚とともにレタスチャーハンに、タコスやタコライスの具に

●サニーレタス
・サラダに、ハンバーガーやサンドウィッチに
・焼き肉の付け合せに

●新玉ねぎ
みずみずしく辛みも少ないので、水にさらして生でいただくのも新玉ねぎの醍醐味です。
・オニオンスライス。かつおぶしとポン酢で。スモークサーモンや生ハムを添えても。
・アジのフリッターやスモークサーモンとともに南蛮漬けやマリネに。
・かつおのたたきの付け合わせに
・甘みを生かしてすき焼きや肉じゃがに
・オニオンスープ、肉やベーコンなどと炒め物、オニオンステーキ

●キャベツ
・サラダや浅漬け、揚げ物の付け合わせも
・ざく切りで辛味噌をつけて
・蒸してアンチョビソースをかけても
・野菜炒めや回鍋肉など炒めもの
・お好み焼きに
・ポトフ、ロールキャベツなど煮込み料理

●大根
・千切りやかつら剥きにして大根サラダに
・大根おろしでちりめんじゃことともに
・煮物に、みそ汁の具に
・豚バラや鶏ももと甘辛く炒め物に

●かぶら
煮物や漬物におすすめ。豚肉や鶏肉との相性もよいので炒め物も。
・塩もみして浅漬けやサラダに。甘酢に漬けても美味。
・油揚げなどともに味噌汁の具に
・やわらかく炊いて、鶏ひきにくのそぼろあんかけに。豚バラ肉やベーコンとともに炒め物に
・「ポトフ」「クリームシチュー」「野菜の炊き合わせ」などの煮物に

●米(きぬむすめ)
きぬむすめは白くつややかな炊き上がりで、粘りが強く柔らかく「コシヒカリ」なみにおいしいという評価。

ビバ・マルシェの焼き芋は9月ごろまで夏季休止します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください